スカーレット第13話あらすじ(ネタバレ)感想と無料見逃し配信 大阪編スタート 圭介(溝端淳平) 庵堂ちや子(水野美紀) 荒木さだ(羽野晶紀)登場

昭和28年、父、常治(北村 一輝)が大阪で喜美子(戸田 恵梨香)の働き口を見つけてきた。
「春からお前は大阪や」と言う常治に「信楽に残りたい」と泣いて頼む喜美子だったが、そうはいかなかった。
信楽を離れる前に訪れた場所で、焼き物の破片を見つけ、それを旅のお供として喜美子は大阪へと旅立つことにした。
多くの人との出会いと勘違い。
喜美子が紡ぎだす人間模様。
喜美子、大阪編スタートです

スカーレット第13話 あらすじ(ネタバレ)大阪編スタート荒木さだ(羽野晶紀)登場

信楽での生活に別れを告げ、生まれ故郷の大阪に6年ぶり、たったひとりで戻ってきた喜美子。

待ち合わせの約束をしていたはずなのに、その場所には誰の姿もない。

待ちぼうけを食う喜美子。

街ゆく人々に目的地である荒木商事の場所を聞こうとするが、みんな忙しそうで誰にも相手にしてもらえない。

一方そのころ、喜美子の待ち合わせ相手、荒木 さだ(羽野 晶紀)は「あかんわ~、うちにはデザインのセンスがない~」と思い悩んでいた。

さだは今日、何か約束があったような気がしていたが、下着ショーのことで頭がイッパイだったのだ。

そこへ、警察官に連れられた喜美子が、ようやく荒木商事に到着した。

警察官に、川原 喜美子さんという女性と待ち合わせをしていたか、と尋ねられたさだは、ようやく〈今日の予定〉を思い出したようだ。

荒木商事はブラジャーやコルセットなど、女性の下着をデザインする会社。

新しい洋服が出てきて、体のラインがはっきりと出るようになったことで、下着も変わっていかないといけないと、さだが会社を立ち上げた。

下着のデザインを見て、絵に自信があった喜美子は心躍る。

荒木商事のメンバーは社長の荒木 さだ、さだの右腕の二宮 京子、縫製担当の千賀子にあさこ。

あさこは洋裁の学校に通う学生で、下着のモデルもやるという。

一通り自己紹介も終わり、席に着く一同。

荒木商事はみんなで意見を出し合って、上下関係を気にしない、和気あいあいとした雰囲気の会社のようだ。

ここで働けることに感激する喜美子。

喜美子も母(富田 靖子)から教わった和裁に自信があるようだ。

しかし、荒木商事は試着品を作る会社で、縫製は二宮、千賀子、あさこがいるので人手は足りている。

喜美子が何の仕事をしたらいいのか、と考える荒木商事の面々。

そんな中、あさこが「まさか・・・!?」と何かひらめく。

喜美子も察したようで、「わかりました。下着のモデルですね。ブ、ブラジャーのモデルですね?こうですか?どうですか?」と張り切ってみせる。

そんな喜美子を「あなたの仕事はここやないの」と、さだが諫めた。

父、常治には自分とさだはイトコだと聞いていたが、実際には母方の遠い親戚で、お互いよく知らない間柄だった。

常治が無理やりツテを頼って、土下座をして「そこを何とか雇うて頂けませんか?」と何回も頼みこんで、ようやく決まった仕事のようだ。

何度も頭を下げて頼む常治に根負けし、さだが世話したのは、荒木 さだが経営する『荒木荘』で炊事、掃除、洗濯をする下働きの仕事、いわゆる、女中だったのだ。

一瞬、残念そうな顔をする喜美子だったが、すぐに気を取り直し、「そうでしたか。うち、女中でしたか」と笑顔で荒木商事を後にした。

スカーレット第13話 結末圭介(溝端淳平)ちや子(水野美紀)登場

『荒木荘』で扉の立て付けを治す一人の女中、大久保 のぶ子(三林 京子)の姿。

なかなか閉まらない扉と奮闘する大久保を見た、医学生の酒田 圭介(溝端 淳平)が、自分がやっておくと買って出た。

そこへ喜美子がさだに連れられ到着。

『荒木荘』はさだの親が残してくれた一軒家を改装した建物。

さだは喜美子を部屋に案内し、大久保を探す。

喜美子が部屋に入ると、そこには扉を直そうとしている酒田 圭介が居た。

圭介の事を先輩の奉公人か何かと勘違いする喜美子に圭介は自己紹介し、「可愛いらしいなぁ」と率直な感想を述べる。

そこへ大久保が来て、喜美子のことを圭介の恋人か何かと勘違い。

喜美子は大久保と、ようやく圭介にも自己紹介をして、挨拶をすることができた。

大久保はもともと荒木家の女中で、さだのおしめも替えてくれたのだという。

仕事は全部大久保から教わることに。

仕事は明日から、ということで、大久保とさだは部屋を後にした。

突如苦しみだす喜美子。驚く圭介。

ごはん付きの住み込みと、自分の布団があることに感激しただけだった。

圭介が部屋を出て行ったあと、まかないがあること、自分専用の布団があること、一人で部屋を使えることに喜び、部屋で騒ぐ様子を聞いていた大久保は「こんな子供に任せられまへん」と呆れる。

部屋の中を転がりまわり、早速部屋の扉を破壊してしまう喜美子。

そこには一人の女性が驚いた様子で喜美子を見つめていた。

スカーレット第13話 感想

ついに今日から大阪編がスタートしましたね。

到着早々、ハプニングに見舞われる喜美子。

そういう星の元に生まれた人って居ますよね(笑)

信楽に続いて、大阪でも多くの人と運命の出会いを果たすようですね。

今後の舞台は大阪、主に『荒木荘』となるのでしょう。

なんといっても、溝端淳平さん演じる医学生、酒田圭介(さかた けいすけ)との恋模様は確定として・・・。

最後に出てきた水野美紀さん演じるメガネの女性、庵堂ちや子(あんどう ちやこ)が喜美子の運命にどう影響するのか楽しみです。

ちなみに10月26日(土)午後1時50分放送のNHK総合『土曜スタジオパーク』に戸田恵梨香さんがご出演されます。

『スカーレット』の撮影裏話など聞けるのではないかと楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました

スカーレット無料見逃し配信

なるべく、スカーレットの放送を観られなかった方が見て分かるよう、ストーリーを書いたつもりですが、俳優さんの演じる細かい表情、時代背景などは実際に映像として観ていただかなければ伝わらない部分は多いと思います。

そんな、実際にちゃんと映像で観たい、一度観たけどもう一度観なおしたい、といった方にオススメの配信サービズをご紹介致します。