仮面ライダーゼロワン7話ネタバレあらすじ感想 暗殺ちゃんとイズちゃんとフリージングベアプログライズキー

仮面ライダーゼロワン 第7話ストーリーネタバレあらすじ

規約では契約者しかリセット出来ないことになっているが、教師型ヒューマギアをリセットして欲しいと、飛電インテリジェンス社長、飛電 或人(ひでん あると)に依頼してきた男性教師(佐藤)。

5人しか部員がいない廃部寸前の弱小バスケットボール部を指導するヒューマギア、名前はコービー。

練習時間を過ぎても練習をするコービーに子供の保護者からはクレームが来ている。

一方、エイムズ(対人工知能特務機関)にも教育委員会から苦情が届き、不破 諫(ふわ いさむ)が毎度鉢合わせる或人に「よく会うな、飛電の社長」と声をかける。

バスケットボール部の練習中、コービーはデータ検索をして「練習は決して裏切らない」とNBAの名プレイヤーの名言で生徒たちを励ます。

「出た、バスケ選手の名言」と喜ぶ生徒たち。

練習風景を観て、「いいじゃん、コービー先生、みんな楽しそう」と喜ぶ或人に、不破は「感心している場合か、コービーは毎日の練習を1時間もオーバーしている」と告げる。

ヒューマギアは本来、1秒も時間を過ぎることはないのだ。

依頼人である佐藤(男性教師)は或人にそもそも、ただの監視役として購入したコービーに、誰もコーチとして頑張れとは教えていないのだ、と言う。

これに対し、飛電インテリジェンスの社長秘書型ヒューマギア、イズは佐藤に「ご自分でヒューマギアをリセットすればよいのでは?」と尋ねる。

「それができたら相談なんてしませんよ」と答える佐藤。

かつて佐藤は保護者からのクレームに押され、バスケ部の生徒と校外をランニング中のコービーを自分でリセットしようとしたが、コービーに見つかり、多忙な教師に代わり部活指導はヒューマギアに依存するのが最適だと、コービーに説得されて、リセットに失敗しているのだ。

暗殺特化型のヒューマギアを開発している滅亡迅雷ネット。

滅(ほろび)はヒューマギアに或人暗殺を命じる。

或人暗殺に現れた迅(じん)と暗殺型ヒューマギアの前に、エイムズの車両が到着し、仮面ライダーバルキリーに変身した刃 唯阿(やいば ゆあ)がゼツメライザーで仮面ライダーに変身したと対決するバルキリーとの闘いよりも、暗殺型ヒューマギアが腰につけているベルトに自らが持ってきたプログライズキーを取り付けることを優先する。

動きが止まったヒューマギアを見て、「予想通りだ」と納得するバルキリー

バスケの練習を見学していた或人不破の耳に女生徒たちの悲鳴が聞こえてきた。

ライダー迅との戦いに巻き込まれないよう生徒たちをまもるバルキリー

エイムズの車両が、動かなくなった暗殺型ヒューマギアを回収。

その後現れたゼロワンバルカンが、ライダー迅と戦うのを見て姿を消すバルキリー

に怒られることを恐れて、暗殺型ヒューマギアを捜索するために飛んで逃げるライダー迅

の襲撃で学校が封鎖となり、練習のできなくなったバスケットボール部だったが、使えなくなったはずの体育館にコービーのGPSを感知したイズ

或人イズが体育館に行くと、そこには練習をするコービーと生徒たちの姿があった。

佐藤先生やエイムズに見つかることを恐れた或人は、飛電インテリジェンス社の屋上を練習場として提供する。

生徒たちの練習に付き合いながら、ヒューマギアなのにどうしてコービーが立ち入り禁止の場所に入ったのか疑問を感じる或人。

練習後、或人は一人の生徒(裕太)と話しながら、裕太を家に送っていく。

そこで或人は裕太から「実は2年間1度も勝ったことがない」ということを聞く。

今度の試合で負けると、受験のためにバスケ部を辞める生徒がいるので、そうなると廃部が決定するらしい。

「だから最後くらい勝ちたいんだ」と言う裕太を見て、或人は嬉しそうだ。

職員室で話す或人と佐藤。

或人は「現状は教師型ヒューマギアとして、正しいラーニングの結果だと結論付け、コービーをリセットすることは出来ない」と佐藤に伝える。

一見、熱血教師のように見えるコービーの行動も、実はデータに基づいて論理的に行動している、と補足説明するイズ

飛電の屋上で練習中の裕太にコービーは「フリースローは自分との闘いだ」と、検索したバスケ選手の名言をかける。

何とかコービーをリセットしたい佐藤は、次の試合で勝てなかったら、コービーをリセットするよう或人に賭けを持ち込む。

その会話を扉の外で聞いていたコービーは絶対に勝つと宣言。

試合当日。同点で残り時間わずか。

シュート体制に入った裕太に敵チームが反則をおかしてしまい、フリースローのチャンス。

フリースローをするのは裕太。チャンスは2回。

1回でも成功すればチーム初勝利のチャンスだったが、2回とも外してしまい、こぼれ球を敵チームに拾われ、逆転を許しチームは敗北。

賭けに勝ったことで、ひそかに喜ぶ佐藤。

試合の帰り道、「僕、バスケやめます。あんなに練習したのに僕のせいで負けました」と言って裕太はコービーにバスケをやめることを告げる。

今まで生徒たちを番号でしか呼ばなかったコービーだったが、裕太のことを初めて名前で呼び、春の大会で1勝しよう、と生徒たちを鼓舞する。

「やだよ、もう無理だ」という裕太にコービーは「諦めたらそこで試合終了ですよ」とバスケ漫画の名言を語りかける。

リセットしようとする佐藤とそれを止めようとする或人

そこにエイムズの不破が「約束を守れないならエイムズが処分する」といって、コービーに向けて銃を構える。

なぜ自分はここにいるのか、と自分の存在意義に悩むコービー。

「私はバスケ部が初めて勝つのを見届けたい。だからここにいる。私の先生はみんなだ」と言うコービーに驚く或人

これに対して、突如現れたが「それはヒューマギアの自我だ」と或人に言った。

僕たちはそういうヒューマギアを友達にして(ハッキングして暴走させて)きたんだ」ということも教える。

を狙撃しようとする不破、止める或人

そこへが割って入り、コービーにゼツメライザーを取り付けハッキングする。

滅亡迅雷ネットに接続し暴走するコービー。

捕獲した暗殺型ヒューマギアにマンモスプログライズキーを使って、ゼツメライザーで変身する姿を録画し、記録する刃 唯阿

或人不破がそれぞれ、ゼロワンフレイミングタイガー形態とバルカンに変身し、暴走コービーと共闘。

今度は捕獲した暗殺型ヒューマギアに、ドードー(ドードー鳥)プログライズキーを渡して、怪人(マギア)へと変身させた姿を隠れて撮影し、記録する刃 唯阿の姿があった。

暗殺型ヒューマギアはゼロワンを暗殺対象として捉え襲う。

突然、消えたはずの暗殺型ヒューマギアが戻ってきたことに驚く

戦いはゼロワンバルカン、2体の仮面ライダーVSコービー&暗殺型、2体の暴走ヒューマギア。

仮面ライダーゼロワン7話ラスト結末

フレイミングタイガー形態で暴走コービーと戦うゼロワンだが、苦戦する。

ゼロワンのアタッシュケースをイズから奪い戦うバルカン

イズからアタッシュケースを受け取ろうとしたゼロワンだったが、イズの手には何もない。

そこへ白を基調としたライトニングホーネット形態のバルキリー(刃 唯阿)が現れ、新たな水色のプログライズキー(フリージングベア)をゼロワンに託す。

受け取ったフリージングベアプログライズキーで青と緑の姿になったゼロワン

バルカンイズから勝手に受け取ったアタッシュケースを剣に変形させ、バルキリーの援護射撃もあり、必殺技《シューティングカバンストラッシュ》でドードー形態の暗殺型ヒューマギアを倒す。

一方、青と緑のフリージングベア形態となったゼロワンは「コービー、お前を倒せるのはただ一人。俺だ!」と言い放ち、必殺技《フリージングインパクト》で暴走コービーを倒す。

は落ちていたドードープログライズキーを回収した後、さらに落ちているはずのマンモスプログライズキーを回収しようとするが、見つからない。

マンモスプログライズキーは既に刃 唯阿が回収していたようだ。

その後、体育館には破壊されたはずのコービーと生徒たちの姿があった。

裕太たち5人は一人も退部せず、春の大会に向けて初勝利を目指すようだ。

さらに、先日の試合を見ていた1年生たちが新たに4人入部した。

それを見た或人が一言「俺は何度でも信じたい。ヒューマギアは人間をサポートする夢のマシーンだ

バルカンに破壊されたはずの暗殺型ヒューマギアを回収し、映像とデータをエイムズの車両内で解析するは「道具は使いようだな」とつぶやいた。

仮面ライダーゼロワン7話の感想

今回は人間にプログラミングされたAIが人間に教える側になるという、逆転現象がおきた回。

ところどころコービーが発する、アニメや実在する選手の名言にクスっとする場面も。

そもそも『コービー』という名前自体が元NBAのスーパースター、コービーブライアントから取った名前でしょうからね。

練習は決して裏切らない」はコービーブライアントの名言の一つだったと思います。

それに、今回はエイムズの刃 唯阿の動きが目立つ回だったような印象です。

私はエイムズの技術士官だ、信用しろ」と言って新しいプログライズキー(フリージングベア)を或人に渡したかと思えば、暗殺型ヒューマギアにドードープログライズキーを与え、或人を襲わせてみたり。

敵なんだか、味方なんだか。

全てはあの“謎の人物”の指示なのでしょうけどねぇ。

政府関係者なのか、はたまた、どこかの民間企業の上役なのか。

どちらにしろ、偉そうなのには変わりありません(笑)

と、いうか、今回はみなさんお待ちかね、或人による恒例の“大爆笑ギャグ”がなかったような・・・。

いや、まぁ別にいいんですけど・・・、無いなら無いで寂しい気がする。

まだまだ目が離せない展開の続く、仮面ライダーゼロワンですが、これまでの作品を見逃してしまった方やもう一度見たい、という方には

最後まで読んでいただきありがとうございました。