あさイチプレミアムトークに綾野剛出演、最新主演映画「楽園」解説、仮面ライダー555(ファイズ)での思い出など

あさイチプレミアムトークに綾野剛出演

月曜~金曜 午前8時15分~午前9時54分、NHKで放送中の『あさイチプレミアムトーク』に10月11日、俳優の綾野剛さんが出演されます。

今回はベストセラー作家 吉田修一原作、10月18日公開の映画『楽園』の宣伝を兼ねて、ご出演されるようです。

この映画で綾野さんは、事件の容疑者役を演じられるそうで、役を演じる上で気をつけていること、学生時代に陸上をしてた経験を活かし、先日行われたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の生解説。

更には、20代半ばまで人嫌いだったのに、現在では人好きになったいきさつなど、語られるようです。

ドラマ「コウノドリ」、数々の賞を受賞した映画「そこのみにて光輝く」。確かな演技力と色気を兼ね備えた俳優・綾野剛さん。最新主演映画は、ベストセラー作家・吉田修一さん原作の「楽園」です。容疑者として追い詰められてゆく孤独な青年を演じました。このような難しい役を、どのような思いで演じたのでしょうか。また綾野さんが共演者との距離を縮めるためにしていることとは?撮影裏話とともに伺います。さらに、中高時代は中距離ランナーとして活躍。今でも、陸上の観戦が大好きという綾野さんに、番組では先日行われたマラソンのMGC大会の映像を用意。綾野さんの陸上愛がさく裂?の生解説は、一体どんな展開に?
高校を卒業し上京。21歳のとき「仮面ライダー555」で俳優デビュー。しかし、20代半ばまでは人が嫌いで信用できず、孤独な日々を過ごしました。一転、今では「人生は人。つながっていたい」と言い切ります。その交友関係も実に幅広く、アーティストから陶芸家、さらに美容師までさまざま。そこで、いつどんなきっかけで「人好き」になったのか。福島にいる当時を知る無二の親友を取材。あまり知られていない綾野さんの青春の日々をたっぷり伺いました。もちろんスタジオでは、MCが音楽活動や嫌いだったSNSもどんどんやっていきたいという今の心境にもとことん迫ります!

引用 あさイチ

最新主演映画「楽園」解説

綾野さんが吉田修一作品の映画に出演するのは『怒り』に続いて2作目になるのでしょうか。

吉田修一さん原作の「犯罪小説集」を映画化した『楽園』実在の事件をモデルにした、短編作品を組み合わせたような内容になっているそうです。

その中で綾野さんが演じるのは、幼女連続誘拐事件の”犯人と思われている”日本人と東南アジア系のハーフの青年。幼少期より、外国人だからという理不尽な理由で差別を受けてきた青年が、いかなる理由で犯人とされ、どのような結末に至るのか。

人間の真実をあぶりだす衝撃のサスペンス作品。

『楽園』10月18日、是非劇場でお確かめください。

小説とは違った描かれ方がされているかもしれませんね。

仮面ライダー555(ファイズ)での思い出など

また、番組内ではご自身のデビュー作となった『仮面ライダー555』での思い出も語ってほしいところです。

555(ファイズ)での綾野さんの初シーンにおいて、23テイクも撮り直しをさせられたことは有名な話ですかね。

これがきっかけで、仕事に対して真摯に取り組むようになったそうで、綾野さんはその時の石田秀範監督を恩人の一人に挙げていらっしゃいます。

そのあたりの話も聞けるかもしれませんね。

綾野剛の過去の作品一覧

まとめ

綾野剛さんといえば、中学、高校と陸上をされていて、中学校陸上競技大会岐阜県大会800mでは優勝。

高校でも岐阜県高等学校陸上競技大会で準優勝と、素晴らしい成績を残されています。

また、自身のバンド活動をはじめ、イベントでは音楽と演出を手掛けるなど、多岐に渡り活躍されています。

そしてもちろん、俳優として数々のドラマ、映画に出演され、賞を獲る事も1度や2度ではない演技力。

イケメン俳優としても知られる綾野剛さんですが、性格もすこぶるいいと評判のようで、一体、天は綾野さんに何物を与えたのでしょうね。

私が初めて”綾野剛”を意識したのは某バラエティーの、大食いコーナー。

もちろん、そういうイケメン俳優と騒がれている人物がいることは知っていたのですが、その頃の印象は「凄い目つきの俳優さんだな。

平気で2,3人〇しそう 笑」程度にしか思っていませんでした。

ですが、ドラマだか映画の宣伝で来ていたはずですが、俳優がバラエティーに番宣で来ただけだから、適当に食べて終わればいいだけなのに、

全力で、いやむしろ限界を超えてまで大食いに挑む姿を観て、「わぁ、凄い根性の俳優さんだなぁ」と印象が変わり、その時以来、綾野剛さんを見る目が変わったのを思い出します。

その後テレビで観ない日はない、と思えるほどのご活躍。

それも、あの根性があるんだったら、と一人納得したものです。

綾野さんの「自分は作品を支える裏方の一人だ」という考え方は素晴らしいと思います。

そういう考えだからこそ、スタッフからの受けもいいのでしょう。

演技力と根性だけではなく、周囲への気配り、そのあたりも含めて次の仕事へとつながっているのかもしれませんね。

う~ん、容姿端麗で性格もよく、多才で運動神経もよさそう。

男としては、あとはもう頭脳明晰でないことを祈るだけですな(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。