徳井青空が台湾まぜそばのマツコの知らない世界で話題に!塚田涼太郎がラブライブのファンだった

徳井青空が台湾まぜそばのマツコの知らない世界で話題に!塚田涼太郎がラブライブのファンだった

2019年9月10日に放送された『マツコの知らない世界』で、徳井青空が話題になりました。台湾まぜそばの塚田涼太郎が『ラブライブ!』のファンだった事が関係しています。徳井青空と台湾まぜそばについて詳しくまとめました。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界

今回のテーマは「台湾まぜそば」でした。東大生院生・塚田涼太郎さんが台湾まぜそばの魅力について語りました。

塚田涼太郎さんは『ラブライブ!』のファンだったそうです。徳井青空と台湾まぜそばの関係についても語られました。

台湾まぜそば

塚田涼太郎(24歳)さんは東京大学大学院の情報理工学系研究家修士1年生で、先行電子情報学を専攻しています。出身は滋賀県です。

19歳ときに、東京大学に入学しました。そして20歳で転機が訪れます。初めて「台湾まぜそば」を食べて衝撃を受けたのです。

さまざまな具材を麺にからませながら食べる台湾まぜそば。新感覚の麺料理として注目が集まり、ハマる女性も急増しています。誕生からわずか11年で全国300店舗以上もあり、拡大を続けているのです。

台湾まぜそばとは、一言で説明すると、「台湾ラーメンの失敗作」とのことです。1970年頃に台湾ではなく、名古屋に住む台湾の人が台湾ラーメンを考案したそうです。

一番の特徴が豚肉のミンチ。台湾ミンチとも呼ばれているのですが、豚のひき肉を唐辛子を大量に入れて煮込んだものです。

そんな台湾ラーメンの新作をつくろうとして、

「『麺屋はなび』高畑本店名古屋市の店主新山直人さんが新たな台湾ラーメンを作ろうと試行錯誤…。2008年失敗作として誕生したのが「台湾まぜそば」』

とのことです。台湾まぜそばの定義は、

「ピリ辛ミンチ、卵黄、ネギ、ニラ、海苔、おろしニンニク、魚粉が盛られた汁なしラーメン」

です。

徳井青空と台湾まぜそば

塚田涼太郎さんは『ラブライブ!』のファンで、アニメ『ラブライブ!』の声優を担当している徳井青空さんが台湾まぜそばを好きと公言していたので、台湾まぜそばがおもしろいなと思い始めたそうです。つまり塚田涼太郎さんが台湾まぜそばに興味を持ったきっかけの一つが徳井青空さんだったのです。

塚田涼太郎さんが『ラブライブ!』の声優・徳井青空さんについて、『マツコの知らない世界』で語りました。すると徳井青空さんの名前が一気に話題になり、トレンドに上がったというわけです。

徳井青空

徳井青空さんは『ラブライブ!』の矢澤にこ役を担当している声優です。徳井青空さんはオフシャルブログにも台湾まぜそばについて投稿しています。

徳井青空さんが特にお勧めしているのが、「麺屋はなび」です。もともと台湾まぜそばを考案したのが「麺屋はなび」の店主新山直人でもあります。「麺屋はなび」は全国展開をしていて、海外にも拠点を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です