本庄サーキットが長泉寺との訴訟でドリフト禁止に

本庄サーキットが長泉寺との訴訟でドリフト禁止に

2019年9月7日に本庄サーキットは「長泉寺との訴訟について」と題して、2020年からドリフト走行を禁止することを発表しました。本庄サーキットの長泉寺との訴訟について詳しくまとめました。

本庄サーキットが長泉寺との訴訟でドリフト禁止に

本庄サーキットの公式ホームページにも掲載されていますが、Twitterでも長泉寺との訴訟について発表しています。本庄サーキットの音量が争点となったようです。

本庄サーキットが長泉寺との訴訟についてTwitterの反応

Twitterでは本庄サーキットでドリフトができなくなってしまったことを惜しむ声が上がっています。

本庄サーキット

本庄サーキットは埼玉県本庄市児玉町高柳にあります。有限会社セーフティパーク本庄が運営しているサーキットです。全長は1112メートル、最大直線は260メートル、幅は12から15メートルまで、コーナーは11カ所あります。

比較的に自由にレイアウトを変更することができ、ブリヂストンゲート(ホームストレート)、カーポート、各掲示板、10坪の多目的プレハブ、グラベルなどの各種設備が整っています。レースやイベントにも利用できます。

長泉寺

長泉寺は埼玉県本庄市児玉町高柳にあります。曹洞宗(そうとうしゅう)の寺で、山号は大用山です。山号とは寺院に付ける称号です。

曹洞宗とは日本仏教の禅宗の1つで、日本仏教の禅宗には曹洞宗、日本達磨宗、臨済宗、黄檗宗、普化宗があります。禅宗本山は永平寺(福井県)と總持寺(横浜市鶴見区)にあります。

長泉寺にある「骨波田の藤」は埼玉県の天然記念物に指定されています。樹齢650年と推定されています。

騒音

騒音について、環境省の環境基準として、

「維持されることが望ましい基準」

とされています。環境基本法の第三節の環境基準第十六条に記載されています。

例えば東京都の中野区では区域や時間帯により、40から50デシベルの範囲内で騒音の規制基準を設けています。道路に面する地域では、55から65デシベルの範囲内で規制基準を設けています。

騒音の訴訟

従来は騒音の訴訟で原告側が勝訴するのは難しいとされていたのですが、最近では被告側に損害賠償の支払いを命じたり、侵害行為の差し止めを認める判決が増えてきているようです。騒音の原因は、エアコンの室外機、カラオケ、上の階の子供の騒音、マンション工事の騒音などです。

限度を超えた騒音を発生させてはいけないのですが、騒音を全く発生させないことは不可能です。そこで騒音の程度や騒音を回避する手段などを総合的に判断し、裁判所が違法性を吟味するようです。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です