藤富郷の神奈川新町駅の京急本線踏切のトラックによる脱線事故のスッキリでの解説が話題に

藤富郷の神奈川新町駅の京急本線踏切のトラックによる脱線事故のスッキリでの解説が話題に

2019年9月6日に『スッキリ』で神奈川新町駅の京急本線踏切のトラックによる脱線事故について、気象予報士の藤富郷氏が解説して話題になっています。気象予報士の藤富郷の解説について詳しくまとめました。

スッキリ

『スッキリ』で天気の解説をしている気象予報士の藤富郷氏が話題になっています。神奈川新町駅の京急本線踏切のトラックによる脱線事故の解説を気象予報士の藤富郷氏が担当したからです。

通常では電車の事故に詳しい専門家が解説するところですが、気象予報士の藤富郷氏のマルチな才能に称賛の声が上がっています。専門家の解説よりも分かりやすいと評判です。

スポンサーリンク

神奈川新町駅の京急本線踏切のトラックによる脱線事故

ますはVTRで鉄道事故に詳しい元JR職員の阿部等氏が解説をしました。阿部等氏は、

「トラックと激突した後にトラックを引きずりながら、最終的に90メートル進んでいる。時速120キロからブレーキをかけてる。時速60キロから90キロだったんじゃないかなと想像します」

と解説しています。

そして電車がトラックとぶつかった後、停車したのは踏切から約90メートル先。この状況から読みとれることとは?という質問に対して、阿部等氏は、

「神奈川新町のホームにかかるちょっと前にブレーキをかけ始めた。それくらいの位置関係だと思う。時速120キロで走っている状態で、急ブレーキで10秒後には40キロダウンする。(10秒後には)時速80キロまで下がっている」

と回答しています。

さらにブレーキをかけて、電車はどれくらいで止まれるという質問に対して、阿部等氏は、

「時速120キロで走行していたとすると、400から500メートルくらいで止まる」

と回答しています。阿部等氏は事故の状況から、ブレーキをかけたのは、神奈川新町駅に進入する直前と推測しています。

踏切内に障害物を検知した場合、運転士に信号で知らせ、運転士はその信号を目視してブレーキをかけるといいます。京急によると、運転士は非常ブレーキをかけていたものの、どの時点で作動させたかについては検証中だということです。

気象予報士の藤富郷の解説

電車、さらに京急に関して詳しいということで、気象予報士の藤富郷氏が事故について解説することとなりました。

踏切の間にはセンサーがあり、支障があった場合、または緊急のボタンが押された場合、踏切の手前の方に異常を伝える信号があるとのことです。普段も運転士はそれを確認しながら走っているそうです。そして事前に支障の状況を把握できるとのです。

支障を知らせる信号は300メートルちょっと踏切から手前にあり、運転士はそれを見てブレーキをかけるとのことです。この区間は120キロのスピードで走っていて、基本的には運転士は前方の状況を観てますので、支障を知らせる信号のさらに手前で異常を感知しているとのことです。非常ブレーキをいつ入れ込むかは、運転士の判断によるそうです。

120キロから0キロまで減速するのに、450メートル前後の距離がかかり、秒数で25秒から30秒かかるとのことです。支障を知らせる信号の位置をもっと長くしてしまうと、踏切の遮断時間が長くなってしまうとのことです。

通常は先頭車(1両目)は軽いところ、京浜急行はモーターを積んで、逆に重くしているそうです。先頭車両が重いことによって、衝撃時に後ろの車両でつぶされずに済むため、先頭車両が軽いと、線路を超えてしまう危険性もあったと語っています。

京浜急行はスピードを大切にしていて、スピードを大切にするには安全性も高めなけらばならないという姿勢を持っているとのことです。自動で緊急停止をするシステムを採用している鉄道会社もありますが、比較的に少ないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です