三重県四日市市で冠水や大雨、桑名市に避難指示、東員町三孤子川が越水

三重県四日市市で冠水や大雨、桑名市に避難指示、東員町三孤子川が越水

2019年9月5日に放送された『スッキリ』で、三重県四日市市と桑名市で冠水や雷雨、桑名市に避難指示、東員町三孤子川が越水などの情報が報じられました。『スッキリ』での放送内容を詳しくまとめました。

三重県四日市市と桑名市で冠水や大雨

三重県内で記録的大雨厳重警戒。速報です。日本各地で激しい雷雨となる中、三重県では避難指示が出されています。昨日夜三重県で降りだしたた激しい雨。四日市市と桑名市の周辺では雨量が400ミリに達した地域があると見られます。

そして京都市内では、雷鳴がとどろき、稲光と共に横なぶりの雨。連日不安定な天気に見舞われている日本列島。

一昨日には、激しく流れる川のようになった道路。バス停が倒れ、濁流に飲まれてしまいました。局地的な豪雨に見舞われた神奈川県横浜市、一夜明けた昨日、その被害の大きさが見えてきました。

ブルーシートが引かれているこちらの住宅街。かつては石の塀がありましたが、一昨日の豪雨により、全て倒壊してしまったということです。

倒壊した家の住人:「それ(石垣)が全部ここに塀になってたから、それが全部落ちちゃって、川にあるやつ」

各地に爪痕を残した激しい雨。今日も西日本や東日本で午後を中心に局地的な雷雨に注意が必要です。さらに日本の南には台風13号。

三重県では記録的な大雨となっています。四日市の周辺で猛烈な雨が降っているのが分かります。1時間に105ミリという1966年の統計開始以来一番大雨となっています。

三重県内では土砂災害警戒情報も出されていますので、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

そして台風の情報です。台風13号、現在宮古島の南にあり、風速25メートル以上の暴風域が宮古島に掛ってきました。今日は宮古島周辺で猛烈な風、猛烈なしけに注意してください。この後台風は北上していく見込みです。

日本のはるか南東海上にまとまった雨雲があります。この熱帯低気圧が今日にも台風15号になる予想。太平洋高気圧の張り出し具合にもよりますが、日本に近づく可能性があります。最新の情報を確認するようにしてください。

2019年9月5日午前4時44分に「NHK NEWS WEB」が報じた記事によると、三重県四日市市大鐘町で道路の一部が冠水しているとのことです。

5日午前4時ごろ、三重県四日市市大鐘町で撮影された映像では、道路の一部が冠水して、水が川のように流れ、複数の車がタイヤの上の方まで水につかっているのが見えます。また、冠水した道路を避けるため車がUターンをして引き返しています。

出典引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190905/k10012064181000.html

スポンサーリンク

三重県桑名市に避難指示

現在三重県では桑名市に避難指示が出されていて、引き続き土砂災害や川の増水・氾濫などに警戒が必要です。

三重県の東員町三孤子川が越水

三重県の東員町三孤子川が越水したため、大雨警戒レベル5の災害発生情報が発令されました。家の二階に上がるなど、命を守る行動をとってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です