天才鍵師本嶋徹也が竹内金庫の開かずの金庫に林修のニッポンドリルで挑戦

天才鍵師本嶋徹也が竹内金庫の開かずの金庫に林修のニッポンドリルで挑戦

2019年9月4日に放送された『林修のニッポンドリル』に天才鍵師本嶋徹也が出演しました。天才鍵師本嶋徹也は竹内金庫の開かずの金庫の解錠に挑戦しました。天才鍵師本嶋徹也が竹内金庫の開かずの金庫の解錠に挑戦した番組内容を詳しくまとめました。

林修のニッポンドリル

今回開かずの金庫が見つかったのは大分県臼杵市。高さ100センチ幅60センチで、なんとこの金庫100年間一度も開いてていないというのです。

臼杵市に銀行を設立した名家。板垣退助がお金を借りに来たほどの、豪商の家に眠っていた金庫には、地元に伝わるさまざまな噂が!しかしこの開かずの金庫は並みの金庫ではなかったのです。

天才鍵師も見たことない難度MAXの金庫。果たして、この金庫を開けることができるのか?そして金庫の中には何が?

可兒家。九州で最も古いと言われる醤油「カニ醤油」を営み、創業は400年以上です。地元ではだれもが知る臼杵市を代表する名店です。


スポンサーリンク

天才鍵師本嶋徹也が竹内金庫の開かずの金庫に挑戦

鍵開け職人本嶋徹也。テレビで特集を組まれるほどの凄腕鍵師です。指先の感覚だけで鍵の内部が分かるといいます。これまでに1000個以上の鍵を開けてきた、まさに神の手を持つ男です。

今回手掛ける金庫は竹内金庫。おそらく明治から大正時代に作られたものです。日本で一番古い型の金庫。当時は大量生産するのが難しく、フルオーダーでつくられていたとのことです。

竹内金庫とは明治2年に創業した国内最古の金庫製造会社です。通常この時代の金庫には羽が3枚あり、それが合わさることで解錠する仕組み。

しかしこの金庫は通常より1枚多い4枚であることが判明。羽根が1枚増えたことで、羽根3枚で3万6000通りのところ、羽根4枚で118万通りに増えてしまうのです。

しかし鍵師本嶋徹也にとって、それ以上の問題が…。ダイヤルを回した感じでは、金庫内部の錆がひどいとのことです。錆で回りづらくなったダイヤル。指先の微妙な感覚を頼りに開錠する本嶋徹也にとって、武器を失ったことに近いです。

鍵がダイヤルだけかと思われたこの金庫、装飾プレートの下に隠し鍵があるといいます。確かにそこには鍵穴が…。金庫のカギは現在可兒家にはないそうです。

つまりこの金庫は第一関門として118万通り錆びたダイヤル錠と第二関門として隠し鍵の解錠、この二つの難関をクリアしなければ、金庫を開けることができないのです。

中身が見えないダイヤル錠。通常は内部から聞こえる音を聞き分けて解錠するのが一般的ですが、錆で雑音がひどくて聞き分けられない。

となると、全ては神の手を持つ本嶋徹也の指先の感覚に託されました。開始30分で一つ目の羽根のダイヤルを「ノ」と当てた天才鍵師。

1枚目の解読から6時間半をかけ、2枚目を「カ」、「ヨ」に絞り込み、最終的に「カ」と絞り込みました。しかし作業開始から11時間経っても3枚目の鍵はクリアできませんでした。(現在時刻午後9時)

すでに鍵師本嶋の体力も限界。ということで翌日再挑戦決定。

午前8時に2日目の作業を初めて、すでに3時間。前日の作業開始から24時間経過。ついに3つ目の羽根「ニ」をクリア。

解錠開始からおよそ25時間経過。2日間に渡る戦いも、いよいよ終わりに近づいているのか?

解錠成功!

作業開始から27時間経過 2日目午後1時。ついに118万通りの錆びたダイヤル解錠攻略!

しかし忘れてはいけない、隠し鍵の存在。隠し鍵の鍵が掛っていれば、金庫は開かない。やはり隠し鍵はかかっていた。

喜びもつかの間、ここから第二関門の隠し鍵の解錠に挑む。しかしこの鍵が、開かずの金庫番組では最悪の事態に…。

本嶋徹也が取り出したのは、鍵穴の中を観るためのカメラ。本嶋徹也も出会ったことがない鍵だった。

ひょっとこ錠といわれる鍵で、江戸時代に考案され、現在日本ではほぼ使用されていない古い構造の鍵。

その仕組みは鍵で丸い板を押し込むと、6枚のディスクが外れ、鍵を回せるようになり、するとその先にあるかんぬきが落ち、解錠できるといいます。

立体的な鍵と鍵穴が複雑な構造をしているため、鍵がない場合ピッキングでは基本的に解錠できす、形状にあった鍵を作るか、鍵を壊すしかないといいいます。

とんでもない難攻不落な鍵。本嶋徹也は鍵を壊さぬよう、ピッキングで挑みます。ピッキングでは99%不可能と言われるひょっとこ錠の解錠。

しかし神の手を持つ男、本嶋徹也の手を持ってしてもピッキングでは開きません。なんと五角形の右上の鍵穴が破損しているらしく、丸板を押しこくことができないのです。

ドリルで鍵穴内部を破壊し、かんぬきを落とすことに…。しかし最終手段のドリルですら、刃が入っていかない。1000個以上鍵を開けてきた本嶋徹也でも未経験の硬さ。ドリルが通じない!?

工具を持って現れたのは、街の電気屋さん。本嶋徹也の人生で最強の金庫を開けるため、10倍以上のパワーを持つ業者用ドリルを貸していただきました。

強力なドリルですら開かない?ドリルの歯が次々と折れる。解錠開始から32時間経過。2日目午後8時。近所への騒音を考え、2日目の作業を断念しました。

何と前代未聞まさかの3日目に突入。ドリルで鍵穴を壊したのですが、長年放置したことによるさびや汚れなどが原因でかんぬきがくっついてしまい、落りてこないとのことです。そこで鍵穴の周りをさらに削り、スペースを空け、直接かんぬきを叩き落とす作戦に…。

耐火用に詰められた砂が一気に外に流れ出ます。

あらわになった金庫内部。あとはここを叩いて、かんぬきを落とすだけです。

延べ50時間、100年開かずの金庫。ついに開かずの金庫、3日間かけて解錠!ついに100年の時を経て開いた開かずの金庫の内部。果たして、引き出しの中には何が入っているのでしょうか?

ということで、中に入っていたのは謎の鍵と店名の書かれた紙とネジでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です