堺雅人の演技がうますぎる!プロメアの演技力に称賛の声

堺雅人の演技がうますぎる!プロメアの演技力に称賛の声

2019年5月24日に全国で映画『プロメア』の上映が開始されると、瞬く間に話題になりました。特に堺雅人の演技がうますぎると注目されています。堺雅人の演技がうますぎと言われる理由を調べてみました。

堺雅人のプロフィール

出典引用:https://www.dailyshincho.jp/

菅野美穂との馴れ初め

2013年4月2日に堺雅人は菅野美穂と結婚をしています。2012年12月22日に公開された時代劇映画映画『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』での共演がきっかけです。堺雅人と菅野美穂は映画で主人公とヒロイン役という間柄で、二人の関係は役を通じて深くなったのでしょう。どうやら堺雅人が菅野美穂にも猛烈なアタックをかけていたようです。

声優

堺雅人は声優の仕事もしていましたが、最近ではほとんど声優の仕事を受けていませんでした。今回の映画『プロメア』は必至ぶりの声優業ということになります。

秋本治の漫画作品『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のテレビアニメで白鳥麗次〈初代〉役を務めていたこともあります。声優としての仕事は比較的に珍しいです。

プロメア

監督「今石洋之」、脚本「中島かずき」の日本のアニメ映画です。松山ケンイチと早乙女太一がそれ主役のガロ・ティモス役とリオ・フォーティア役を務めています。ガロ・ティモスは高機動救命消防隊バーニングレスキューの隊員で、リオ・フォーティアはマッドバーニッシュのリーダーです。堺雅人の役どころはクレイ・フォーサイトという自治共和国プロメポリスの司政官です。

堺雅人の演技がうますぎる!

映画『プロメア』の演技

映画『プロメア』で堺雅人が演じるのはクレイ・フォーサイトという人物です。クレイ・フォーサイトは自治共和国プロメポリスの司政官を務めています。

クレイ・フォーサイトはクールだけれど、内に狂気を秘めた役どころです。まさに堺雅人のハマり役と言えるでしょう。

映画『プロメア』を観た人のSNSの投稿を一通り読んでみると、感想には共通点があります。まず松山ケンイチの声優としての演技に違和感を感じている方が多いです。しかし映画が進行するにつれて、気にならなくなったとのことです。

そして早乙女太一の声優としての演技は上手いという評価が多いです。最後に堺雅人の声優としての演技の感想は、とにかくぶっちぎりでインパクトが強いということです。映画を観終わった観客からは、堺雅人についての感想ばかりが飛び交っているほどだったというのです。

堺雅人は映画の前半で少し控えめな演技をしていて、映画の交換いなると、フルスロットルで狂気を爆発させているとのことです。堺雅人の演技のためだけでも、映画を観る価値あるという感想を述べている人もいるくらいです。

舞台『蛮幽鬼』(ばんゆうき)の演技

堺雅人の舞台『蛮幽鬼』(ばんゆうき)の「サジと名乗る男」の役を観て、映画監督の今石洋之はクレイ・フォーサイト役を堺雅人に決めたそうです。舞台『蛮幽鬼』は、2009年代に劇団☆新感線により公演をされています。随分と昔の話なのだなと思うのですが、堺雅人の知性と狂気と操る演技の原点は舞台時代に遡るのかもしれません。

堺雅人の演技力

堺雅人は生粋の舞台俳優です。テレビドラマではカットごとに撮り直しがきくので、役者経験がないアイドルでも何とか映像として耐えうるものを作れます。

しかし舞台は生き物であり、撮り直しをすることはできません。最悪セリフを忘れようが、舞台から退出することはできないのです。堺雅人は高校・大学と演劇部に所属し、演技の技術を磨いてきました。

俳優としての仕事をはじめころには声優の仕事もしていました。しかし舞台俳優の仕事はあまりお金になりません。そんな堺雅人の転機となったのが、2004年1月11日から12月12日まで放送されたNHKの大河ドラマ「新選組!」です。堺雅人は新撰組の副長・山南敬助(やまなみ けいすけ)役を見事に演じ、俳優としての地位を確立したのです。

半沢直樹

2013年7月7日から9月22日まで放送されたTBS系のテレビドラマ『半沢直樹』(はんざわなおき)で堺雅人は銀行員の半沢直樹(はんざわ なおき)役を演じています。

半沢直樹のセリフ「倍返しだ!」は2013年の流行語大賞を受賞しています。そして最終会の視聴率は42.2%にまで達し、まさにモンスター級の人気ドラマとなりました。本来視聴率を取りにくい経済ドラマというジャンルでの偉業は圧巻と言えるでしょう。

ジョーカー 許されざる捜査官

2010年7月13日から9月14日まで放送されたフジテレビのテレビドラマ番組『ジョーカー 許されざる捜査官』(ジョーカー ゆるされざるそうさかん)では、堺雅人は神奈川県警捜査一課の伊達一義役を演じています。伊達一義は普段は穏やかな性格ですが、法で裁けない犯人に正義の鉄槌を下す冷血漢としての裏の顔を持っています。いわば現代の必殺仕事人のようなイメージです。

堺雅人が演じる役は性格に二面性を持っている人物が多いです。犯人を追いつめるときのニヒルな伊達一義の演技に、とにかくカッコいいという評価をしている方が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です