千住真理子の弓の値段は?文京楽器特注のフェルナンブーコでできた弓

千住真理子の弓の値段は?文京楽器特注のフェルナンブーコでできた弓

1月28日の日テレ系列「人生が変わる1分間の深イイ話」に千住真理子さんが出演します。「人生が変わる1分間の深イイ話生卵丸呑み!天才美女バイオリニスト超せっかち生活」という企画です。千住真理子さんは1日14時間練習するという過酷な仕事ぶりを見せる一方、生卵はちみつを丸呑みするせっかちさも観れるようです。

千住真理子のプロフィール

誕生日:1962年4月3日
出身地:東京都
ジャンル:クラシック音楽
職業:ヴァイオリニスト
担当楽器:ヴァイオリン
公式サイト:千住真理子official website

音楽家は変わり者?

あまりにも服に無頓着で、浮浪者に間違えられたこともあるベートーヴェン、異常なほど神経質と言われたショパン等、それ以外にも古今東西、有名な音楽家には変わり者エピソードがあります。最近だと、せっかちで超短気なキャラクターで視聴者を楽しませてくれるヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんがすぐに思い浮かびます。しかし、その高嶋ちさ子さんをもってして、「私の5倍くらいはせっかち!」と言わしめる、スーパーせっかちさんが同じくヴァイオリニストの千住真理子さんです。

スーパーせっかちさん

レストランや美容室で待たされるのが嫌い、くらいのせっかちな方は周りにもいます。しかし、スーパーせっかちさんの千住真理子さんにとっては、そんなことは序の口で、生活全てが徹底してせっかちなんです。

例えば、会場入りや帰りなど、時間に余裕があっても走ります。また、食事にいたってはエネルギーが取れれば時間が短いほうがいいとの考えから、生卵を丸飲みしたり、すぐにエネルギーに変わるからと、蜂蜜をがぶ飲みします。

とにかく、何事もスピーディーにこなしていくのです。座右の銘が「人生時短」とのことですから、筋金入りのせっかちさんです。

ストラディバリウス

せっかちで共通する高嶋ちさ子さんと千住真理子さんですが、名器と言われる「ストラディバリウス」を自己所有しているヴァイオリニストとしても共通しています。「ストラディバリウス」は17世紀~18世紀にストラディバリ父子3人が制作した楽器です。

ヴァイオリンは現在、約500挺程と言われ、楽器としてはもちろん、美術品としての価値も高い為、1挺数億円の価値があるとされています。

また、本数も限られていることから、買うことさえ難しいと言われています。そんな高価な楽器を所有することは、のんびり生きている人には無理なのでしょう。

巡り会い

現在、千住真理子さんの所有である「ストラディバリウス」(愛称はデュランティ)ですが、やはりお金があれば買えるものではありませんでした。元の所有者はローマ法王、そこからデュランティ家に渡り、その後スイスの貴族に元に行き、そこから2002年に千住真理子さんにたどり着いたのです。

しかし売りに出された時に、演奏家としてふさわしい人であるという条件があったのです。世界中の演奏家の中からピックアップされた人しか購入資格がなく、その中に選ばれたからこそ巡り合うことができたのです。

全てを捧げる

世界的なヴァイオリニストである千住真理子さんですが、人生をせっかちに生きる理由がヴァイオリンを弾く為とのことです。キャリアもあり、成功していても尚、高みを目指す。そんな思いを持ち続け、奏でるのが「ストラディバリウス」です。

「私の全てをヴァイオリンに捧げているところです。」と語る千住真理子さん。今後も活躍が楽しみです。

バイオリンの弓

千住真理子さんは世界に誇る文京楽器の特注の弓を使用しているとのことなのですが、なんとそのお値段が「ウン千万円」です。フェルナンブーコという名前の木の素材でできています。フェルナンブーコはブラジル原産の木です。

通常バイオリンの弓は60グラムなのですが、千住真理子さんの弓は64グラムと少し重いです。この微妙な弓の重さがバイオリンの音色に影響するそうなのですが、素人では音色の差を判別できないレベルです。

文京楽器
http://www.bunkyo-gakki.com/services/workshop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です