ヒカキンは棒読みで演技が下手?ゲゲゲの鬼太郎に本人役として出演して話題に!

ヒカキンは棒読みで演技が下手?ゲゲゲの鬼太郎に本人役として出演して話題に!

最近テレビにもよく出演している人気ユーチューバーのヒカキンが、今度はなんと!アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」内で声優に挑戦!ということで話題になっています。ヒカキンは2019年3月23日から26日の4日間に、東京ビッグサイトで行われた「AnimeJapan2019」のステージイベントに出演し、「ゲゲゲの鬼太郎」に本人役で出演すると発表していました。

ゲゲゲの鬼太郎に本人役として出演

ヒカキンが出演したのは、平成最後の放送回になる4月28日放送分の第53話「自己愛暴発!ぬけ首危機一髪」で、本人役として出演しました。物語の中では重要人物となっています。アニメの中でもウーチューバー(ユーチューバー)で、子供達や若い世代を中心に人気を集めていました。

ヒカキンは棒読みで演技が下手?

ヒカキンはストーリーのキーパーソンになる重要な役どころだったのですが、ネットの反応はさまざまだったようです。少々棒読みで演技が下手だったため、リアルタイムで見ていた視聴者からは、

「ヒカキン棒読みすぎるwww」

「ゲゲゲの鬼太郎に出てたヒカキンのシーン見たけど棒読みひどすぎ」

という声が多く上がっていました。

反面、アニメ内でヒカキンが言った言葉には多くの称賛が集まっていました。

人気を集めるためには手段を選ばないチャラトミに、

「僕はただ自分が好きなことを全身全霊で楽しんでるだけですよ」

「全身全霊で楽しむって案外楽じゃないけどね、でもそうして初めて人は自分の人生の主役になれる気がするんだよね」

と伝え、本当に大切なものは何かと考えさせる言葉でした。

ネット上では、

「棒読みだったけどこれはヒカキンにしか言えない言葉」

「棒読みでも心に響くこというヒカキンさんすごい」

と称賛のコメントも多くありました。

ゲゲゲの鬼太郎第53話の内容は?

ヒカキンに憧れるウーチューバーのチャラトミ

ヒカキンに憧れを抱くチャラトミという男もまたウーチューバーを夢見て、再生回数や人気を集めようと必死に活動していました。ですが、ウーチューバーとしての自分に限界を感じ、就職活動を始めます。

面接を受けることになったチャラトミはに面接官に志望動機を聞かれ、

「私は、動画配信を何度も行っており、その中でトーク力を磨いてまいりました、営業と言う職で必ずその経験は生かせると思っております」

と自慢げに語りますが、その後も面接官は首をひねるばかりです。結局面接もうまくいかず、社会人の先輩と出会うも、厳しい社会の話を聞かされるばかりでイラ立つばかりです。

妖怪抜け首との出会い

同じ頃、妖怪「ぬけ首が」鬼太郎の元を訪ねていました。ぬけ首は手に持っていた妖怪雑誌に自分ではなく鬼太郎やネコ娘ばかり掲載されていることに腹を立て、鬼太郎の元を訪れていました。

ぬけ首もまた、チャラトミ同様に周りの注目を集めていないと気が済まないといった性分です。そんなある日、チャラトミが動画配信のために訪れていた山奥で、チャラトミとぬけ首は出会います。似たもの同士の2人は意気投合し、「世界に俺たちのことを知らしめてやろう!」と、一緒に動画を配信することを決めます。

暴走し始めるチャラトミと結末

再生回数稼ぎ、人気を得るために一心不乱なチャラトミと、もう十分人気者になれたし、休憩したいというぬけ首の間には温度差が生まれます。しかしチャラトミの欲は留まることを知らず、次第に暴走していきます。終盤に事件が起こり、その渦中でヒカキンと出会ったチャラトミは本当に大切なものは何か気づき自分のこれまでの行動を反省するのでした。

ゲゲゲの鬼太郎の今

以前に放送されていた頃に比べると、よりデジタル絵っぽくなっています。そして、放送6期目の今回は、妖怪の存在が忘れられてしまった21世紀に入り、20年ほど経った現代社会の話になっています。

さまざまな問題が起こる中「まな」という少女が妖怪ポストに手紙を入れた事をきっかけに、鬼太郎が人間界に現れるのでした。

4月からはまた新たな展開が

アニメ「 ゲゲゲの鬼太郎」はなかなか好評で、子供達を中心に人気が再燃しています。そして4月からは「地獄の四将編」に入り、新たな物話やキャラクターが登場しました。

今後の展開でキーパーソンとなりそうな、男子高校生の石動零が50話から登場しています。石動零役の声優は、ヒカキンが出演を発表した「AnimeJapan2019」の時に神谷浩史さんであることが発表されていました。

神谷さんといえば人気漫画ワンピースのアニメでトラファルガーローの声優を担当していることで有名です。ワンピースの主人公であるモンキーD ルフィ役の田中真弓さんも砂かけばばあの声優を担当しています。

他にも目玉おやじの声優に、ドラゴンボールの悟空役などで有名な野沢雅子さん、いったんもめんの声優に、名探偵コナンで工藤新一/怪盗キッドの声優を担当している山口勝平さんなど豪華声優陣が揃っているのでそこにも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です