真田広之ヤクザのアキヒコ役!アベンジャーズエンドゲームで殺陣を披露

真田広之ヤクザのアキヒコ役!アベンジャーズエンドゲームで殺陣を披露

真田広之は2019年4月26日に公開される映画「アベンジャーズエンドゲーム」に唯一の日本人としてゲスト出演することが決まりました。

真田広之とは

名前:真田広之(さなだ ひろゆき)
本名:下澤広之(しもざわ ひろゆき)
職業:俳優
生年月日:1960年10月12日
出身:東京都
身長:170cm
特技:乗馬、日舞、英語、中国語
所属:ザ・リブラインターナショナル

真田広之は1966年に公開された映画「浪曲子守唄」で子役としてデビューしました。以降、映画や舞台、テレビなど幅広く活躍しています。主な代表作は映画「たそがれ清兵衛」やテレビドラマ「高校教師」などがあります。

2002年に公開された映画「たそがれ清兵衛」では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しています。2003年に公開された映画「ラストサムライ」でハリウッドデビューを果たし、以降ハリウッド映画にも出演する日本を代表する俳優です。

アベンジャーズエンドゲームに出演予定

今回の作品の監督であるアンソニー&ジョー・ルッソの兄弟監督からの真田広之にオファーがあり、出演が決定した今回の作品。日本のファンへ向けたメッセージで真田広之は下記のように発言しています。

「アベンジャーズは一種のお祭り、オリンピック級の大作と言えます。今回は東京のシーンもあるということで私も参戦しています。アクション、人間ドラマを最新技術で仕上げている作品で、キャストやクルーのこだわり、熱意、誇りをとても感じます。シリーズをずっとご覧になっている方も、今回が初めての方も楽しめる作品だと思いますので、劇場でご覧ください。」

出典引用:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame/news/20190424_01.html

アメリカのロサンゼルスで行われた、総勢30名以上の豪華キャスト陣が集ったワールドプレミアにも参加をした真田広之。今回のワールドプレミアはマーベル史上最高規模のイベントといわれ、ヒーローのコスプレをしたファンたちを沸かせたそうです。

アベンジャーズとは

アベンジャーズはアメリカのマーベルが作ったアクション映画です。アベンジャーズの映画の原点はアメリカのマーベルコミックスで発売されたものです。アベンジャーズに参加するための条件はただ一つだけ。マーベルコミックスで活躍しているスーパーヒーローたちです。

マーベルコミックスのヒーローならどんなキャラクターでも参加ができるし、その都度メンバーも変わり、共通の敵を倒すのです。映画では、人類を守るために6人の最強ヒーロー(アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホークアイ)を中心にヒーローたちが集結した究極のチームで人類史上最大の敵と戦うアクション超大作です。

アベンジャーズエンドゲームのあらすじ

今回上映されるアベンジャーズエンドゲームにはインフィニティ・ストーンという6つのエネルギーの結晶が出てきます。指ひとつ鳴らすだけで、インフィニティ・ストーンには人類の約半分を消し去ることができるほどのパワーを秘めています。しかし、インフィニティ・ストーンは凶悪最悪の敵であるサノスの手に渡ってしまい、アベンジャーズをはじめとした全宇宙の生命は約半分を残して消し去られてしまったのです。

大切な家族や友人を失ってしまい絶望する中、残ったヒーローたちは35億人の未来のために諦めることなく、大逆転をかけて集まります。アベンジャーズシリーズ最後にして史上最大の逆襲(アベンジ)をかけて戦うという内容になっています。

真田広之はヤクザのアキヒコ役で殺陣も披露

今回、アベンジャーズエンドゲームで真田広之が演じるのは、アキヒコというヤクザです。ローニンという、今作に登場する敵と東京で戦います。刀を使ったアクションシーンがあるということで、アクション俳優としても活躍を見せている真田広之の演技に要注目です。

アクションシーンの撮影では、土砂降りの中でのワンカット撮影をしています。現場監督と話し合いを重ねながら、役を固めていき、殺陣や演技を作ったとのことです。真田広之はこだわりと情熱を持って撮影を行ってきたことを身をもって体感したとのことです。真田広之が熱意とこだわりを持って臨んだアクションシーンに期待が膨らみます。

まとめ

真田広之は子役からデビューをして、今まで俳優として活躍をしています。2002年に公開された映画「たそがれ清兵衛」では、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得し、日本を代表する俳優として成長していきました。2003年には映画「ラストサムライ」でハリウッドデビューを果たし、それ以降は活躍を日本から世界へと広げ活躍しています。

今回出演するアメリカのマーベルが上映する映画「アベンジャーズエンドゲーム」では、監督からのオファーで実現した初めてのマーベル作品への出演で、真田広之の役はヤクザのアキヒコ。ワンカットで撮影された殺陣を含むこだわりを持ったアクションシーンは必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です