崎山つばさ主演舞台「LOOSER」の日程と公演場所~森崎博之脚本~

崎山つばさ主演舞台「LOOSER」の日程と公演場所~森崎博之脚本~

崎山つばさ

生年月日:1989年11月3日
出生地:千葉県
身長:175 cm
職業:俳優
事務所:スペースクラフト
公式サイト:公式プロフィール

崎山つばささんと言えば、2.5次元舞台を中心に活躍中の俳優です。2015年の舞台、「ミュージカル 刀剣乱舞」の石切丸役でご存じの方が多いかもしれません。

高校生の頃はドラマや映画のエキストラを経験、大学生の頃は読者モデルをしていたこともあるそうです。大学を卒業してからは今の事務所に所属し、2014年に舞台にて俳優デビューをしました。

なお、2017年にイケメン和楽器ユニットの桜menとコラボレーションした崎山つばさ with 桜menとしてCDデビューを果たしています。そして2018年にはソロ名義でもCDを出しました。

今年の3月には初主演映画「クロガラス」も公開し、初めて自身で作詞を手掛けた主題歌「Re:quest」も話題となりました。今や2.5次元の枠を飛び越えて、女性ファンから大変な人気を集めています。

「ミュージカル 刀剣乱舞」とは?

「ミュージカル 刀剣乱舞」とは、人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が原案のミュージカルです。
崎山つばささんは「ミュージカル 刀剣乱舞」の舞台へ出演したことが、ブレイクするきっかけとなりました。

日本に実在する刀剣を擬人化したキャラクターたちの物語で、崎山つばささんは「刀剣男士」のうちの一人、石切丸役を熱演しました。演じるということについて、

「キャラクターを演じるというより、そのキャラクターに『なる』を意識しています」

と語る崎山つばささん。

石切丸という役を演じるにあたって、その刀が奉納されているという石切劔箭神社まで出向き、神職の動きを観察して演技に取り入れたそうです。入念な役作りが生きて、「ミュージカル 刀剣乱舞」は大人気となりました。そして崎山つばささんは2018年末の「NHK紅白歌合戦」に、刀剣乱舞の企画枠で初出場を果たしています。

主演舞台「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」

 

あらすじ

「LOOSER~失い続けてしまうアルバム~」は新選組と長州藩との確執をテーマにした作品で、“歴史に名を残さなかった者たち”の大義を描いたチョンマゲもチャンバラもない物語です。もともとは、大泉洋さんや安田顕さんらが所属する人気演劇ユニット「TEAM NACS」が2004年に公演し、大好評を得た舞台でした。

キャストはたったの5人。全員が1人2役を演じます。崎山つばささんの役どころは、現代から幕末の時代にタイムスリップしてしまう青年、シゲ役です。ほか、新撰組の隊士や長州藩士も演じるとのことです。以前、戸次重幸さんが演じた役どころです。

大泉洋さんが演じた土方歳三役は鈴木裕樹さん、森崎博之さんが演じた近藤勇役は磯貝龍乎さん、音尾琢真さんが演じた沖田総司役は木ノ本嶺浩さん、安田顕さんが演じた芹沢鴨役は株元英彰さんが演じます。主演を務めるにあたって崎山つばささんは、

「僕にとって初めてとなる『新選組』に関わる物語であり、そして崎山私情、一度は着てみたい羽織ランキング第一位の浅葱色のあの羽織を着ることが出来るのがとても楽しみで仕方がないです。5人芝居というのも初めてとなるのでどんな風になるのか期待で胸が高まります。きっと元の舞台が好きな方もいらっしゃると思うので再現する部分と現代ならではの脚色も楽しめるような作品にできたらと思います。」

と意気込みを語っています。

日程・公演場所

品川プリンスホテル ステラボール

○6月6日(木)~6月9日(日):東京・品川プリンスホテル ステラボール

品川アクアスタジアム横の会場がステラボールです。収容人数は1800人で、座席は2階席まであります。座席の見え方は、後ろの席でもわりと見やすいようです。

住所

東京都港区高輪4-10-30

問い合わせ

TEL:03-3440-1111

アクセス

[ 電車をご利用の方 ] 新幹線、JR山手線、東海道線、横須賀線、京浜東北線、京急線品川駅高輪口より徒歩5分
[ お車をご利用の方 ] 首都高速1号線羽田線芝浦ランプから約2km。
羽田空港から約20分。
東京シティエアターミナル(箱崎)から約20分。
東京駅から約20分。
銀座から約15分。

☆有料ですが、品川プリンスホテルの駐車場があります。

森ノ宮ピロティホール

○6月16日(日):大阪・森ノ宮ピロティホール

収容人数は1030席です。横長の会場で、2階席はありません。小規模な会場で、傾斜もあるので、よほど背が高い人が前に座らない限りは見えやすいと思います。役者さんの表情までしっかり見たい!という方はオペラグラスがあると良いでしょう。森ノ宮ピロティホールでは簡易オペラグラス(税込1,080円)が販売しています。

住所

大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5

問い合わせ

TEL:06-6944-1151

アクセス

最寄り駅
・JR大阪環状線「森ノ宮駅」より徒歩5分
・地下鉄 中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」2番出口より徒歩2分

なお、ホール専用の駐車場はありません。公共の交通機関をご利用下さいとのことです。ただ、周辺には徒歩10分以内で行かれる駐車場がいくつかあり、予約もできます。

・森ノ宮中央1-8駐車場(徒歩4分)
・森ノ宮ピロティーホール前駐車場(徒歩2分)
・森之宮駐車場(徒歩6分)

など、他にもあります。

脚本家担当の森崎博之とは?

脚本を手掛ける森崎博之さんは「TEAM NACS」のリーダーで、2004年に行われた「TEAM NACS」の時の公演でも脚本を担当していました。活動拠点が北海道であるため、大泉洋さんや安田顕さんに比べて知名度は低いようですが、「TEAM NACS」の脚本・演出を手掛け俳優もこなすマルチな才能の持ち主です。

「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」に期待の声

「待って!!あの『 LOOSER』、崎山つばさ主演でやるの?絶対見に行く!!」

「崎山つばさくんでLOOSER再演するってびっくり!!チケット取れるかな?」

「めちゃめちゃハマってる崎山つばさくんの新撰組…!ぜひ見たい!」

と「TEAM NACS」作品のファンの方々が、今をときめく崎山つばささん主演で「LOOSER」再演というニュースを聞いて喜びと期待の声を挙げています。

まとめ

「ミュージカル 刀剣乱舞」の出演に、初主演映画「クロガラス」の公開や、音楽活動、「LOOSER」の主演にと引っ張りだこの崎山つばささん。カッコいい姿を目にする女性たちも増え、今後ますますファンが増えていきそうです。

「LOOSER」に関して、人気作品の再演はプレッシャーも大きいと思いますが、役作りに余念のない崎山つばささんのことです。きっと期待を上回る活躍を見せてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です