平成狸合戦ぽんぽこの玉三郎の声優は誰?神谷明がイケメンタヌキ役って本当?

平成狸合戦ぽんぽこの玉三郎の声優は誰?神谷明がイケメンタヌキ役って本当?

「わたしたち、もともと人家の近くに住んでました。」

そんな狸の思い出語りから始まる、人間が自然の間に線を引いてしまった、ニュータウン開発のお話です。宅地開発が進む多摩丘陵では、人間は「便利」と引き換えに自然の中で生きることを捨てるという選択をしていました。

そんな中、人間に棲家を追われた狸たちが、自分たちの“知恵”と“化学”を駆使して人間たちに立ち向かうことを決意しました。この作品は、タヌキの目と笑いの力を借りることによって、現代社会への皮肉とメッセージを込めて、1994年7月16日に公開されました。

平成狸合戦ぽんぽこ

映画の名前は『平成狸合戦ぽんぽこ』、多摩ニュータウンの開発の進行に合わせて変化して行く動物たちと人間の関係を、狸側の視点で描かれたスタジオジブリ制作のアニメーション映画作品です。歴代のジブリ作品の中でナレーションが採用されている唯一の作品であるとともに、スタジオ内の初のCG使用作品にもなりました。

監督・脚本:高畑勲
公開:1994年7月16日
上映時間:119分

製作:鈴木敏夫
制作会社:スタジオジブリ
製作会社:徳間書店、日本テレビ放送網、博報堂
配給:東宝
興行収入:44.7億円
配給収入:26億3000万円

「平成狸合戦ぽんぽこ」のあらすじ

物語の始まりは昭和40年代に遡ります。多摩丘陵では多くの狸たちが楽しく暮らしていました。そこに、多摩ニュータウンの建設という「山や森の破壊」が押し寄せてきたのです。

少しずつ、少しずつと思っていた開発の波は、ある日気が付くと、狸たちの丘の向こうにに有ったはずの森も、重機に削られた造成地と姿を変えていたのでした。それまで呑気に暮らせていた多摩の狸たちも、そのままでは自分たちの居場所が無くなってしまうということに怯え始めます。

総会を開いて開発阻止を決議し、伝統的な変化術である化学(ばけがく)を復活させ、四国と佐渡の化け狸に助力を乞うことが決定されました。四国に向かったのは玉三郎、佐渡に向かったのは文太で、ともに若手の狸から選出されました。

彼らの帰りを待つ間にも、狸たちは抵抗運動を続けていました。ほんの少しの地権者に工事を思い止まらせて、「ニュータウンの怪」としてマスコミを賑わせることができただけで、開発を阻止できるところまでは至りません。巨大な開発の進捗には殆ど影響を与えることが出来なかったのでした。

玉三郎が派遣先の四国から戻ったのは2年後になります。四国3大狸と言われる、太三朗禿狸、隠神刑部、六代目金長の三長老を伴っての帰還でした。

三長老の指導のもと、化け学に精進した狸たちは具現化した百鬼夜行がニュータウンを練り歩く、妖怪大作戦を決行しました。彼らの作り出した百鬼夜行は立派なものでした。

ただ、狸たちに人間を恨む気持ちが足りなかったせいか、行列はお祭りやカーニバルの行進のようで、団地に住む人たちを怖がらせるどころか、子どもたちを喜ばせ、感動させてしまう始末。妖怪大作戦を中心になって牽引した隠神刑部は、作戦の中で力を使い果たして落命してしまいます。

しかし隠神刑部の落命すら、団地の住民たちには大掛かりなイリュージョンにしか見えず、拍手喝采を浴びてしまいます。挙げ句には、レジャーランドの社長によって「喜ばせるためにやった」として宣伝に使われてしまいます。

その後も狸たちは色々と手を尽くしますが、どれも思ったような手応えを手に入れることは出来なかったのです。自分たちの棲家を守るために、自然破壊を止めるという試みは諦めることになります。

化学を使える狸たちは、人間に化けて生きる場を作り、人間に化けられない狸たちもちりじりになりながらも生きることを選択しました。多くの狸たちは、町田の森に棲家を移そうとしましたが、先住の狸たちもいれば、開発の手が無いという訳でもありません。

ストレスを抱えながらも会社員として暮らしていた小吉は、ある晩、仕事の帰りに側溝から道を渡ってゴルフ場に駆け込む狸を見付け、後を追います。そこでは、ポン吉を含めたかつての仲間が宴会を開いて騒いでいたのでした。正吉は、走りながら狸の姿に戻り、仲間達との再会を喜びあいました。

最後の場面では、ポン吉は人間に向けてシャレたメッセージを伝えてくれます。

「あの…テレビや何かで言うでしょ。『開発が進んで狐や狸が姿を消した』って。あれ、やめてもらえません?」

したり顔のぽん吉が、映画の結末を煙に巻く一言で締め括るのでした。

「そりゃ、確かにキツネやタヌキで化けて姿を消せるのもいますけど、でもウサギやイタチはどうなんですか?自分で姿を消せます?」

「姿を消す」というのは、なにも数を減らしているということではなくて、人間たちには狸として見えなくなっただけなのだということ。例えば、今、狸の姿に戻って踊っている、化学の使える正吉のように。

玉三郎

物語の最高の盛り上がりは百鬼夜行の妖怪大作戦。妖怪大作戦は、玉三郎が四国まで行って連れて来た四国三大狸を中心に決行されたものです。化け狸の本場と言われる四国の三大妖怪を連れてくることの出来た玉三郎、その秘密とは何なのでしょうか?

玉三郎の本名は鬼ヶ森の玉三郎、大変なイケメンだと伝えられます。人間に化けた時の姿は、高橋一生にそっくりという声もチラホラ聞こえます。

そんなイケメンの玉三郎が、四国三大狸を説得出来たのには、六代目金長の娘、小春の存在が不可欠です。玉三郎は、四国で三大狸の決心を待つ間に、イケメンぶりを発揮して、小春といい仲になってしまいます。

そればかりか、2年の間には、3匹の可愛い子狸まで儲けてしまうのです。事が収まったあと、彼は六代目金長の跡目を次ぐことになります。

玉三郎の声優は誰?神谷明がイケメンタヌキ役って本当?

玉三郎の声を担当していたのは、神谷明さんでした。『北斗の拳』のケンシロウや『シティーハンター』の冴羽獠、『名探偵コナン』の初代・毛利小五郎などを演じてきた声優です。

本名:神谷 明
出生地:神奈川県横浜市
生年月日:1946年9月18日
血液型:A型
身長:163 cm
職業:声優、俳優、歌手、ナレーター

1970年から第一線で活躍されている神谷さんは、映画公開時の1994年当時は47歳でした。ケンシロウとも冴羽獠とも違ったキャラでしたが、映画を見終わった後では、玉三郎も神谷明さんの声がハマりのように思えてきます。

隠れキャラ

妖怪大作戦のシーンには、他のジブリ作品から隠れキャラたちが登場しています。登場するのは、狸たちが人間を街から追い出そうと一丸となって化学を駆使する場面です。住宅地には見渡す限りの妖怪が現れますが、その中にすまし顔で隠れキャラ達が潜んでいます。

「となりのトトロ」のトトロ
「魔女の宅急便」のキキ
「紅の豚」のポルコ・ロッソ
「思い出ぽろぽろ」のタエ子

再度観る機会があれば、探してみてはいかがでしょうか?

都市伝説

映画の影響も有って、多摩ニュータウンを通る路線には、都市伝説も存在します。

京王相模原線がいつも混んでいるのは、人の姿をした狸がシートを占領しているから

改札で、PASMOがエラーになって通れない人は化け狸の可能性もある

多摩ニュータウンの開発に至るまで

多摩ニュータウンと呼ばれる大規模な造成事業は、昭和38年の南多摩地域の都市計画区域決定が始まりです。翌、昭和39年には、多摩新都市開発計画の基本方針が決定し、多摩ニュータウンに関わる用途地域、街路計画の決定が告示されました。

農林省協議を経て、多摩ニュータウンとしての新住宅市街地開発事業計画区域が決定したのが昭和40年のことで、多摩ニュータウンの大枠がデザインされました。翌年の昭和41年には、計画が多摩ニュータウン事業として決定されることになります。事業の内訳も、土地区画整理事業区域の決定として、同年のうちにグランドデザインが確定して行くのでした。

昭和38年の着手から、昭和41年にデザインが確定したという時間の流れから、深く考えられずに利権によって進められた計画のように見られることもあります。しかし、美濃部亮吉が東京都知事に初当選(昭和42年)した際、その就任第一声が、

「東京都は多摩ニュータウンから手を引く」

であったため、計画は暗雲に包まれた時期も有ったのです。多摩ニュータウンの主要なインフラ整備には、東京都の主導が不可欠であったのですが、予算も凍結されてしまいました。

結局のところ、東京都は既に南大沢駅を中心とする西部地区の百万坪を既に取得しており、事業から手を引くことは困難であると判断されました。そして事業は継続されることになっています。

事業は18次に及ぶ都市計画の決定・変更を重ね、段階的に整備がすすめられ、第1次入居は1971年(昭和46年)3月26日、諏訪・永山地区において開始されました。

あとがき

この映画は、大規模開発による自然や動物達の関係の変化という大きなテーマを扱うとともに、初のCG使用やナレーションの使用といったスタジオジブリとしては新しい試みに挑戦しました。それらの試みは、扱った大きなテーマを曖昧にすることなく、更に見る人の心に興奮を生み出すという点でも成功したと思います。

目立った試みではありませんが、映画では、狸の表し方が、リアルタッチのシーンとデフォルメされた漫画チックなシーンとに分けられます。シーンの配分は、映画の始まりで見る側の心が人間であるタイミングではリアルタッチの描写が多く、人間視点で狸を第三者的に見ています。

中盤からは殆どが漫画チックな狸だけになり、見るものを狸視点に引き込んで大規模開発というものを考えさせます。そして最後、狸たちが抵抗を止めた後に、またリアルタッチの狸の出演となるのですが、狸を見る視聴者の気持ちが、最初とは変わって受け入れたい気持ちとなっていることに気付きます。

また、映画の中での時間の流れは、現実のものとは大きく異なるようです。物語は昭和40年代から始まっていた筈なのですが、2年後に玉三郎が四国3大狸を連れて降り立った駅では現代型の自動改札になっており、大通りに見えたファミリーレストランの看板は、1980年代から展開を始めたものでした。舞台設定は昭和40年代の多摩ニュータウンなのでしょうが、物語は映画のタイトル通り、平成の時代の大合戦だったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です