ミステリオは味方?自作自演説も浮上!スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの予告動画公開

ミステリオは味方?自作自演説も浮上!スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの予告動画公開

映画「スパイダーマン:ホームカミング」の続編となる「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のファン待望の海外版ティーザー予告編が公開されました。米マーベル・エンターテインメントが公式のユーチューブ動画を公開しています。一部では2018年12月に公開されると報じられていましたが、全米公開日は21019年7月5日と発表されています。

海外版ティーザー予告編の動画

海外版ティーザー予告編の内容

ストアの店員から「旅行に行くのかい?」と聞かれて、

「ヨーロッパに行くんだ!」

と楽しそうな雰囲気でピーター・パーカー役のトム・ホランドが言います。軽快な音楽とともに、修学旅行の準備でワクワクしている様子です。

そしてクローゼットのスパイダーマンのスーツを目にして、

「友達とヨーロッパに旅行に行くだけさ!ヨーロッパでスパイダーマンのスールなんていらないよ。」

と捨て台詞を吐きます。

砂をまとった巨大なモンスターが出現して、ミステリオ役のジェイク・ギレンホールが空中で巨大なモンスターに立ち向かうシーンが流れます。そして高校の同級生が巨大なモンスターに勇敢に立ち向かう姿を見て、

「あの男は誰だ!」

「まるでアイアンマンのようだ。」

「彼はスパイダーマンじゃない!」

と言葉を発します。

ストーリーについて

主人公のピーター・パーカー役のトム・ホランドが高校の同級生とヨーロッパへの修学旅行に旅立ちます。スパイダーマンのスーツを自宅に残して、高校生活とヨーロッパへの修学旅行を満喫するのです。そんなどきにマーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinematic Universe)のニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンが現れます。

さらにミステリオ役のジェイク・ギレンホールも登場します。しかし巨大なクリーチャーに立ち向かう映像が流れているため、ミステリオは見方なのか、それとも敵なのかということにファンの関心が集まっています。

自作自演説について

ハイドロマンとの戦いはあくまで自演だと主張するツイッターが散見されます。スパイダーマンとミステリオが共闘してハイドロマン、サンドマン、モルテンマンを倒していますが、実はエレメンタルズを背後で操っていたのはミステリオだったのでしょうか?

ミステリオは味方なのか?

ネッド役のジェイコブは、

「この映画のミステリオは良いヤツ」

と紹介しています。そしてミステリオ役のジェイク・ギレンホールも

エレメンタルズという、自然にまつわるクリーチャーが世界を脅かす存在として現れます。ミステリオはエレメンタルズを知っていて、世界が安全であることを確かめようとしている。ニック・フューリーがやってきて、彼(ミステリオ)に助けを求めるんです。彼はエレメンタルズをきちんと理解している唯一の存在ですから。そして親愛なる隣人、スパイダーマンとタッグを組むわけですが、そのことによってピーターは、残念ながら“親愛なる隣人、スパイダーマン”以上にならなきゃいけなくなるんです。

と語っています。

引用出典:https://theriver.jp/smffh-ccxp-mysterio/

まとめ

ネッド役のジェイコブがミステリオを「良いヤツ」と言っていること、そしてミステリオ役のジェイク・ギレンホールの発言から考察すると、ミステリオは敵ではないと推測されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です