五関晃一が奇子(あやこ)の舞台化で出演! 日程と公演場所は?

五関晃一が奇子(あやこ)の舞台化で出演! 日程と公演場所は?

ジャニーズの人気グループA.B.C-Zのメンバー五関晃一が手塚治虫原作の舞台「奇子(あやこ)」で主演すると報じられました。五関晃一にとって、単独での舞台主演は今作が初めてです。前回の主演作は2015年に公演した「ファウスト〜最後の聖戦〜」で三田佳子と同じグループメンバー河合郁とトリプル主演でした。

舞台「奇子(あやこ)」について

原作は漫画界の巨匠、手塚治虫による「奇子」。舞台化は今回が初めてとなります。五関晃一が初めて原作を読んだ時、

「本当に手塚さんの作品なのかな?」

とコメントするくらい、グロテスクな人間模様に驚いたほどです。

大地主の天外一族。主人公仁朗の兄嫁と父親の間に生まれた娘奇子(あやこ)を巡る物語。主人公仁朗は戦後、天外家に戻ると、奇子が誕生しており、出生に驚きます。

奇子はある事件を目撃し、一族の体面のため土蔵の地下室で育てられることになります。そして事件に関わりがある仁朗は奇子に負い目を感じ、家を出てからも送金したり、土蔵から逃亡してきた際も匿い、社会復帰できるよう協力するのです。

演出と台本は「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」など数々の漫画の舞台の演出を手がけた中屋敷法仁です。過去にも「黒子のバスケ」などアニメにもなった有名作の舞台化では舞台上で本物のバスケットボールを使う演出で観客に俳優の身体の立体感を感じてもらうようにするなど、舞台ならではの表現の工夫にも長けています。

五関晃一にとって、名作「奇子」の主演と中屋敷のタッグはこれからの役者人生に影響をあたえることになるでしょう。普段は完璧なダンスとアクロバットでファンを魅了しているだけに、今回は人間味がある演技というギャップで観客を魅了してほしいです。

※2019/5/18(土)チケット一般販売予定

https://www.johnnys-net.jp/page?id=consta&artist=26#137

五関晃一とは?

氏名:五関晃一(ごせき こういち)
生年月日:1985年6月17日生まれ
出身地:東京都出身
血液型:A型
アクロバットを得意とするグループ「A.B.C-Z」のメンバー。2012年デビュー。

舞台「奇子」の日程

プレビュー公演(水戸公演)

水戸芸術館は、平成2年3月22日に開館した、「コンサートホール」、「劇場」、「現代美術ギャラリー」という専用施設を合わせた複合文化施設です。特に正三角形を組み合わせたタワーは周囲の建物に比べてひときわ高く、遠くから見ても一目でわかります。方向感覚が鈍い方でもタワーを目印にしてたどり着けると思います。タワーにも登れるので空いた時間にエレベーターで乗って水戸の風景を楽しむのも素敵です。

公演日程=2019年7月14日(日)・15日(月・祝)
会  場=水戸芸術館ACM劇場
入場料金=S席7,000円 A席6,000円 B席3,500円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はお断りいたします。※営利目的の転売禁止。

お問合せ=水戸芸術館ACM劇場 TEL:029-227-8123(10:00~18:00 月曜休館)
https://www.arttowermito.or.jp/

水戸芸術館内
〒310-0063
茨城県水戸市五軒町1丁目6−8

座席表

https://www.arttowermito.or.jp/theatre/about/acmtheatre_seet_standard.pdf

東京公演

 

客席は400名というちょっと小さめのホールです。また一階しかないので、どの席に当たっても声が届くきますし、鑑賞しやすいでしょう。また新宿駅の地下通路を通っていけるので、便利です。雨の日も傘を広げる手間も省けるし、雨に濡れずに移動できるので、好きな服装でいけます。好きな俳優さん目当てで行く人もいると思いますから、安心ですね。

公演日程=2019年7月19日(金)~7月28日(日)
会  場=紀伊國屋ホール
入場料金=8,500円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はお断りいたします。※営利目的の転売禁止。

お問合せ=パルコステージ TEL:03-3477-5858(月~土 11:00~19:00/日・祝 11:00~15:00)
http://www.parco-play.com/

紀伊國屋ホール
〒163-8636
東京都新宿区新宿3丁目17−17−7

座席表

https://www.kinokuniya.co.jp/contents/ホール座席表.pdf

大阪公演

地下鉄に四つ橋線「西梅田」駅10号出口より徒歩3分、JR「大阪」駅桜橋口・阪神「梅田」駅・JR東西線「北新地」駅より徒歩5分と、各最寄駅から近いです。ホテルや駐車場もたくさんあるので、大変便利な立地です。またサンケイホールブリーゼがあるのは「ブリーゼブリーゼ」という商業施設の中にあるので、早めについても買い物や食事を楽しめます。

他にも商業施設が近くにあるので、混んでいても、他のお店に入れます。人混みを気にしなくてもいいですね。客席は全912席あるので、大きい会場です。パンフレット購入やトイレは早めに済ませたほうが良さそうです。

公演日程=2019年8月3日(土)~4日(日)
会  場=サンケイホールブリーゼ
入場料金=8,500円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はお断りいたします。※営利目的の転売禁止。

お問合せ=キョードーインフォメーションTEL:0570-200-888(10:00~18:00)
http://kyodo-osaka.co.jp

サンケイホールブリーゼ
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2丁目4−9 ブリーゼタワー7F

座席表

http://www.sankeihallbreeze.com/hall/seat/seat.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です