ラジオAM廃止の理由!AMは終了してなくなる?民放連によるFM一本化

ラジオAM廃止の理由!AMは終了してなくなる?民放連によるFM一本化

東京新聞のwebページによると、2028年までに改正案が承認されると、AMが無くなってしまい、FMしかラジオで聞けなくなってしまいます。AM派の方にとっては一大事です。

ラジオAMとFMの違いとは

そもそも、なぜAMが消えてしまうことになったのでしょうか?ますはAMとFM派の違いがわからないという人向にラジオAMとFMの違いについて解説をします。

FMと比べると、AMは広い範囲でラジオ放送の電波が届くというメリットがあります。しかし雑音・ノイズの影響を受けやすく聞き取りずらくなってしまうこともあります。音に敏感な人にとっては、雑音が気になってラジオに集中できないかも知れません。

一方でFMは電波の範囲が狭いというデメリットがありますが、雑音やノイズの干渉を受けづらいです。音質が重視されている音楽番組が多く放送されています。山上などの遠くには伝わりずらいですが、雑音の影響を受けにくいというのがFMの特徴です。仕事上、電波の届かないところで作業をしているという方は聞けないです。

ラジオAMが廃止される理由

それぞれにメリットとデメリットがあるAMとFMですが、なぜAMだけが廃止してしまうのか?AMが廃止される理由を説明します。

金銭的な問題

壮大な用地が必要なAMの電波塔は、山や海周辺などに設置されています。建物で電波が阻害されないように対処した設置方法なのですが、問題点があります。自然災害で電波塔が壊れてしまうと、放送ができなくなってしまうのです。電波塔が壊れてしまうと莫大な建設料がかかってしまいます。

さらにAMの広告料収入が減少傾向にあります。AMの問題を解消するために、補佐的な役割として、FMを活用するAM局が多くなっているのです。

海外での需要が無くなっている

すでにドイツやフランスではAMの放送が終わり、FM一本になっています。高音質なラジオを求められたことが背景にあると推測されます。今日では、狭い地域で楽しめる「コミュニティFM」というサービスが増えてきました。

FMへの注目が集まったため、AMが衰退したことも理由としてあげられます。すでに海外ではFM一本化をしていることから、日本も海外の事例に合わせて、FM一本化を進めていくのではと考えられます。

民放連がFM一本化の改正案を出した

AMの民放ラジオ各局の厳しい経営状況が考慮されて、民放連(日本民間放送連盟)はラジオのAM放送をやめて、より簡単な設置で送信できるように対策を進めていきました。そして制度の改正を総務省に求める方針を決め、2028年に改正案の提出を決めました。

広告収入の赤字危機による経営状況が厳しくなっている背景があることから、民放のAMラジオ各局は、AM放送をやめたいという意向を示しています。簡単な設備で送信できるので、利益率のよいFMに変えたいということです。

AM放送は広い範囲で受信できます。しかし電波塔の故障などで、災害時に聞けなかったら役に立ちません。民放連は、各局がAM放送をやめてFM放送に転換することも選択できるように、制度の改正を総務省に求める計画を立てました。

改正案が可決されるとどうなるのか?

改正案が可決されると、AMが無くなってしまうので、FMを使うという選択肢しかありません。FMは音質がいいですが、電波が遠くまでとどきません。そのため北海道など電波が届かないエリアは完全ななFM一本化が難しいです。

電波が届かない遠い地域では、民放連は従来通りにAMとFMの併用も認める方向を決めています。「ワイドFM」は一部のラジオでは聴けないことから、対応する受信機の普及化も課題にあります。民放連は、2028年までの制度改正を求める方向で進めています。

AMが終了してなくなったら?

FMの電波が届く都市部などのエリアなら問題ないかもしれませんが、電波が届かない地域ではラジオが聞けないということが多々発生してしまいます。 さらに都市部でもFMが聞けない受信機ではラジオを一切聞けなくなるというリスクもあります。 2028年に案が可決される前に、ラジオAM廃止に伴う問題を改善していく必要があります。

まとめ

一本化される理由につきましては、AMの広告収入が減少傾向にあること、災害時にAMの電波塔が壊れてしまったら、AMが聞こえなくなってしまうことが挙げられます。 そこで2028年までに民放連は総務省にて案を出す計画を立てています。

ただし北海道などFMが聞こえづらい一部の地域では、FMとAMの併用することとしています。おそらく一本化されるのは都市部と推測されます。FMの問題点は電波の届くエリアが狭いことです。FMの問題点をどのように解決していくのか注目したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です