仮面ライダーゼロワン1話ネタバレあらすじ感想

仮面ライダーゼロワン1話ネタバレあらすじ

自分で考え行動する、人工知能搭載人型ロボ〈ヒューマギア〉

「飛電(ひでん)インテリジェンス」は一部地域で新たなヒューマギア派遣サービスを指導する大企業。

通信衛星ゼアによって制御されたヒューマギアが人々の生活をサポートする近未来が舞台。

物語は飛電インテリジェンス社長 飛電 是之助(ひでん これのすけ)が亡くなったことから始まります。

主人公の名前は【アルト】売れない芸人だが、実は飛電インテリジェンス社長、飛電是之助の孫で、名前は飛電 或人(ひでん あると)。

ヒューマギアである父をなんとか笑わせようと頑張る或人少年を爆発事故からかばって亡くなった父の「アルト、夢に向かってとべ」という

最期の言葉は、その後、或人が夢に対して強い思いをもつ理由なのかもしれません。

そんな或人の夢は「お笑い芸人として人々を笑顔にしたい!」です。

怪人に「人の夢を笑うんじゃねぇよ!」と怒りをあらわにする場面もあります。

是之助の遺言で、悪しき者たちと戦うことができるベルトと2代目社長の座を託された或人。

ベルトにはセキュリティーが内蔵されており、社長だけが装着することを許されている設定となっています。

はじめは拒否しますが、結局は社長になること(仮面ライダーゼロワンになること)を了承する或人。

一方、是之助の死によって迅(じん)と滅(めつ)の2人が人類滅亡のシナリオ、”マギア計画”を発動しようとします。

計画の詳しい内容は現時点で不明ですが、物語の軸になりそうです。

また、A.I.M.S(エイムス)という対人工知能特務機関の不破 諫(ふわ いさむ)と刃 唯阿(やいば ゆあ)もストーリーに深く関ってきそうです。

過去に何があったのか。

爆発事故で父を亡くした或人は、祖父の遺言で2代目社長に就任しゼロワンに。

その爆発事故現場で”マギア計画”を企む迅と滅。

爆発事故について何か知っていそうな特務機関の不破 諫。

この三者を柱にして物語が進行しそうな予感です。

仮面ライダーゼロワン1話ラスト結末

 

結局は必然の流れでベルトを装着し、仮面ライダーになった或人。

伝統の技で無事怪人を倒すことになるのですが、ベルトを装着したということは社長になることを意味する訳で・・・。

必死にイズに言い訳をする或人の視界には子供が支配人に「この遊園地やめちゃうの?」と聞いている姿が映る。

「いや、謎の黄色いヒーローがここを守ってくれたんだ。だから、

これからもこの遊園地はお客様に笑顔を届けます」と言って或人にウインクをした。

こういう笑いのとりかたもあると納得した或人は秘書のイズと共に黒塗りの車に乗り込み、社長専用の電話を受け取る。

最後に見せる或人の渾身のギャグにも注目!

仮面ライダーゼロワン1話の感想

令和初のライダーということで注目が集まっている今作ですが、今回のモチーフは”令和初”という意味もあってか、原点回帰のバッタとなって

いるようですね。

近年の仮面ライダーの特色は、複数のライダーが登場して、それぞれが守るべきもののために戦うといったストーリー展開ですが、今回も

例外ではなさそうですかねぇ。

特に今作は人工知能(AI)がメインテーマになっているようです。

子供向けというよりは、それを一緒に観る親も虜にする話となっている印象です。

そして当然、俳優さんはイケメン揃い。

一緒に観ているお母さんをターゲットにしているかのように感じたのは、平成ライダー第1作、オダギリジョーさん主演の『仮面ライダークウガ』

あたりからでしょうか(個人の感想です とらえ方には個人差があります)

そんなクウガを観ていた人たちが親となり、子供と一緒にゼロワンを観ている横には初代1号を観ていたお爺ちゃんがいるんですからね。

仮面ライダーってすごい長寿番組なんだなぁと思い知らされます。

そんな仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゼロワン』は毎週日曜朝9時からテレビ朝日系列で放送中です。

そういえば、最近仮面ライダーではお笑い芸人の方をお見かけします。

第一回はまさかの、なかやまきんに君でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました