とくダネでUFOを取材!東京中目黒区の夜空の謎の光の正体は何

とくダネでUFOを取材!東京中目黒区の夜空の謎の光の正体は何

2019年9月13日に放送された『情報プレゼンター とくダネ!』で東京・中野区に現れる謎の光の正体を取材しました。SNSで『情報プレゼンター とくダネ!』のUFOが話題になっています。

とくダネ!

「追跡UFO?東京・中目黒区の夜空を漂う怪しい光 『とくダネ!』カメラが捉えた!」と題して、『情報プレゼンター とくダネ!』で謎の光を取材しました。NEOという文字のようにも見えます。一体この謎の光の正体は何なのでしょうか?

とくダネ取材班は今日午後1時半過ぎ、映像が撮影されたのと同時間帯に現場へと向かいました。リポートは伊藤拓麻ディレクターが務めました。

スポンサーリンク

東京・中目黒区の夜空の謎の光の正体はUFO?

伊藤拓麻:「謎の光が見えた場所はこの辺なんですけど、それっぽいのは見つからないですね。」

そう簡単には確認できないのでしょうか?取材を進めていると…。

伊藤拓麻:「あっ、見てください。あれ、謎の光じゃないですかね?」

伊藤拓麻:「あ~、何か動いてますね。何か集まっていますね。あ~、消えちゃった。あっ、また出てきました。何か4つ光ってますね。」

伊藤拓麻:「一か所に集まりましたね。月のように光っていますけど。」

伊藤拓麻:「あ~、いっぱいになってる。何だこれ。」

何と謎の光に遭遇。光は点いたり、消えたりを繰り返しています。光の方向に向かっていくと…。

伊藤拓麻:「『NEO』ありますね~。ここかな。」

そこには光で作られたNEOと似た表記の店が…。この店が関係しているのでしょうか?

光が出した文字と似た店の飲食店従業員:「ここはLOUNGE NEOです。」

どうやらこの店は関係ないようですが…。その後も光の正体に迫りましたが、有力な情報は得られませんでした。

そこで『情報プレゼンター とくダネ!』は各分野のスペシャリストにに話を聞きました。ここ最近、急な雷雨が発生していたこの辺り、天候との関連性は?

気象予報士・天達武史氏

天達武史:「私の見立てでは、これは気象現象ではないと思います。」

では、何かの生き物なのだろうか?

動物研究家・パンク町田氏

パンク町田:「もし生き物であるとするばらば、飛行中のコウモリに光が当たって反射し、光ったものである可能性がありますね。」

正体はコウモリなでしょうか?しかし…。

パンク町田:「動き方がコウモリの飛行と違いますので、動物というより妖怪に近いものだと思いましたね。」

気象現象でも、生物でもないといいます。そうなると…。40年以上UFOを研究する竹本良氏に映像を観てもらいました。

UFO研究家・竹本良氏

竹本良:「これは面白い映像ですね。」

ニュースの映像が一通り終わった後で、MCの小倉智昭氏が、

小倉智昭:「ちょっと頭の映像で気になるのはUFOなんですけどね。あれは結局何なんですか?あそこまでして取材をしたっていうんだったら、結論まで導かないと意味がないでしょう。」

とコメントしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です