集合体恐怖症にはタピオカメラ(新型iPhone 11)はキツイのではと話題に

集合体恐怖症にはタピオカメラ(新型iPhone 11)はキツイのではと話題に

2019年9月11日(日本時間)にアメリカのアップル社は3つのタイプの新型iPhoneを発表しました。新型iPhoneは複眼カメラを搭載しているため、一部ではタピオカメラと呼ばれています。集合体恐怖症を患っている人には複眼カメラが怖いのではと話題になっています。集合体恐怖症とタピオカメラ(新型iPhone 11)についてまとめました。

新型iPhone 11

今回アメリカのアップル社から発表されたのは、「iPhone 11 Pro/Pro Max」と「iPhone 11」です。「iPhone 11 Pro/Pro Max」は3眼カメラ、「iPhone 11」は2眼カメラとなっています。

複眼カメラにするメリットは映像の性能の向上です。スマホの中にはイメージセンサーと呼ばれる光信号を電子信号に変換する装置が搭載されています。イメージセンサーの感度を上げるためには、より多くの光を取り込む必要があります。

しかしより多くの光を取り込むためには、より大きなレンズが必要となります。しかしスマホにはスペースに制限があるため、大きなレンズを内蔵することができません。そこで複数のカメラで別々の光情報を取り込み、より多くの光情報を得ることができるのです。また焦点距離の違うカメラを搭載することで、ズーム機能と同じような性能を得ることもできます。

タピオカメラ

タピオカは南米原産のイモの一種「キャッサバ」が原料です。「キャッサバ」から作られたでんぷんをタピオカと呼びます。台湾発祥のタピオカのミルクティーが人気ですが、「タピオカパール」と呼ばれるツブツブが入っているのが特徴です。

新型「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro/Pro Max」には複眼が搭載さrていますが、複眼カメラがまるでタピオカパールに見えることから、タピオカメラと呼ばれているようです。

集合体恐怖症とは

集合体恐怖症(トライポフォビア)とは小さな穴や円形の集合体を見た時に、恐怖を覚える症状のことを意味します。特に画像のサイズが大きいほど、不快感が増すなどのデータが検証されているようです。

最新の研究では、

「トライポフォビアの原因は、寄生生物や伝染病に対する深層での恐怖」

と、科学誌「Cognition and Emotion」に発表されています。

つまり小さな穴の集合体は無意識に感染症などの伝染病を想起させるというのです。人間の本能として、もし感染をしたらという恐怖心から沸き起こる感情ということになります。

集合体恐怖症にはタピオカメラ(新型iPhone 11)はキツイ?

新型「iPhone 11」には複眼カメラが搭載されています。複眼カメラがタピオカのように見えることから、一部ではタピオカメラなどと呼ばれています。そして「新型iPhoneがキモい」などの声も上がっています。

新型「iPhone 11」には複眼カメラが搭載されているため、集合体恐怖症の人には恐怖の対象になりそうな外観です。集合体恐怖症の人が実際に見て、どのような反応をするか分かりませんが、ネットでは集合体恐怖症の人には新型「iPhone 11」の複眼カメラが不快なのではないかと話題になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です