グッディで暴言を吐く男性を特集!群馬県の深夜アパートで「ボケ」「ブタ」の騒音トラブル

グッディで暴言を吐く男性を特集!群馬県の深夜アパートで「ボケ」「ブタ」の騒音トラブル

2019年9月10日に放送された『直撃LIVE グッディ!』で、群馬県で起こっている騒音トラブルについて特集されました。男性が深夜アパートで暴言を吐いているというのです。『直撃LIVE グッディ!』の番組内容について詳しくまとめました。

直撃LIVE グッディ!

群馬県のとある住宅街。都会の喧騒から離れたアパート。実は夜になると連日“あるトラブル”に見舞われているというのです。

それは、

「オラー、ボケー!」
「なんだよ、ボケー!」
「ブター、ブター、おらブター!」

アパート内に男性の暴言が響き渡ります。今近隣住民とこの声の主の間で騒音トラブルになっているのです。連日未明まで続く男の暴言。その声はおよそ10メートル離れたアパートでも…。

こうした事態を観て、警察もたびたび出動しているといいます。なぜ暴言を止めないのか?『直撃LIVE グッディ!』は暴言を吐き続ける男性を直撃しました。

今各地で問題になっている近隣住民との騒音トラブル。環境省によれば、全国自治体への生活騒音の苦情件数は毎年1000件前後で、この10年は横ばい状態が続いています。

しかし不動産コンサルタントの長嶋修氏によれば、

「明らかに迷惑だとはっきり分かるようなことは、そんなに増えていることはないんですね。最近ネット社会になりましたので、より顕在化してきたということだと思います」

とのことです。

SNSで声を上げられるようになったことで、いままで明らかになっていなかった隠れ騒音トラブルが表面化し始めているといいます。

スポンサーリンク

暴言を吐く男性を特集!群馬県の深夜アパートで騒音トラブル

画面奥に見える窓から明かりが見えているのが男性の部屋。『直撃LIVE グッディ!』が取材をしたのは、とある日曜日の夜です。

騒音が聞こえてきたのは午後8時半のことです。繰り返し聞こえる「ボケー」という叫び声。一体、夜の何時まで、どのような暴言を続けるのでしょうか?

取材を続けると、

(何かものを叩くような音)

騒音は暴言だけでなく、何かを叩くような音まで聞こえてきます。暴言は断続的に1時間続き、午後9時過ぎもやむ気配はありません。結局この日は、日付をまたいで午後1時過ぎまで約5時間以上暴言は続きました。

取材をしていると、男性は“ある言葉”を頻繁に叫んでいることが分かりました。それは連発される、「ブタ」という言葉。近隣住民によると、暴言がはじまった約2年前から叫び続けるといいます。

近隣に住む女性によると、一昨年男性の部屋から騒音が聞こえてきた際に、あまりの声の大きさになにか暴力事件が起きているのではないかと考え、警察に通報したといいます。するとそれ以降、男性の暴言は女性に向けられたような言葉に変わっていったというのです。

最近その暴言はさらにエスカレートしています。身の危険まで感じるようになっという脅迫まがいの暴言。しかし警察によると、通報を受けて警察官が駆けつけると、男性は暴言等の迷惑行為をやめるため、慎重に調べざるを得ない状況だというのです。

警察官が駆けつけた時だけは静かにして、暴言を吐き続ける目的は何なのでしょうか?

『直撃LIVE グッディ!』は暴言を吐く男性を直撃しました。一見、暴言を吐くような人には見えない、穏やかな顔をした男性。暴言が聞こえてくる部屋に1人暮らしをしているといいます。

男性は騒音が出ているのが自分の部屋であることは認めましたが、あくまでも聞いているオペラの音が漏れ出たものだと主張。さらに物を叩いているような音は、寝ている時に、足が物にぶつかった際の音だと主張する男性。

取材中にも暴言の音声が取れていることを伝えると、暴言を吐いていることを認めた男性。しかしそれはテレビの中の嫌いな女性ゴルファーに対してのものだと主張するのです。それにしてもなぜテレビに向かってそこまで大きな声を上げるのでしょうか?

男性の主張によると、テレビで趣味のゴルフを観ている際に嫌いなゴルファーの優勝でつい暴言が出てしまうのだといいます。その際、3メートル離れたテレビに向かっての暴言が大きな声になり、騒音になってしまうというのです。

「言い訳でいいじゃないですか」

追及を続けると、男性はついに開き直りました。

今も毎日のように続いているという暴言に有効な対処法はあるのでしょうか?

管理会社に訴えて、住民に注意書きを配布してもらったそうです。それでも騒音・暴言が止まないということもあって、管理会社は他の物件に引っ越しを提案した。しかし本人が提案に応じなかった。

退去させることは可能?

まずは管理会社に相談し、注意してもらう。それでも改善されないなら、大家に相談する必要があるそうです。大家に民事訴訟を起こしてもらう手段もありますが、お金と時間が掛ってしまうとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です