青島健太の落選理由は?浦和レッズと大宮アルディージャと西武ライオンズについてのTwitterまとめ

青島健太の落選理由は?浦和レッズと大宮アルディージャと西武ライオンズについてのTwitterまとめ

2019年8月25日に埼玉県知事選が投開票され、元防衛政務官・大野元裕氏が初当選しました。新人のスポーツライター・青島健太氏は落選した理由として、Twitterでつぶやかれている情報をまとめました。Twitter情報のまとめですので、実際の落選理由とは異なる可能性があります。予めご了承ください、

スポンサーリンク

青島健太の落選理由 Twitter情報まとめ

埼玉スタジアムの多目的化で浦和レッズファンの反感を買う

埼玉スタジアムはサッカー専用の競技スタジアムです。青島健太氏は埼玉スタジアムをサッカー以外の目的に利用することを訴えました。

しかし埼玉スタジアムを他の目的で利用すると、芝生管理に影響するのでやめて欲しいという意見が見られます。事実、埼玉スタジアムをコンサート会場として利用することは可能なのですが、芝生保護の理由で行われていません。

埼玉スタジアムの芝生は、丹念に整備されています。芝生管理のスペシャリストのグラウンドキーパーが整備しています。芝生の刈り込み、肥料の散布、散水、そして地温コントロールシステムによる温度管理などです。

青島健太氏が浦和レッズのホームスタジアムである埼玉スタジアムをサッカー以外の目的に利用することを訴えたために、浦和レッズファンの反感を買ってしまったという意見があります。

大宮で大宮アルディージャファンの反感を買う

大宮にはNACK5スタジアム大宮というスタジアムがあります。NACK5スタジアム大宮もサッカー専用のスタジアムです。

NACK5スタジアム大宮は日本初のサッカー専用球技場で、国内最古の由緒あるスタジアムで、大宮アルディージャのメインスタジアムです。

一時、NACK5スタジアム大宮を撤去して、浦和レッズと大宮アルディージャが埼玉スタジアムを共有する方針が打ち出されました。しかしサポーターからの強い反発を受けたという経緯があります。

青島健太氏が大宮でNACK5スタジアム大宮を差し置いて、大宮アルディージャの本拠地で埼玉スタジアムの話をしました。そして大宮アルディージャのファンの反感を買ったという意見があります。

 第一声で西武ライオンズファンの反感を買う

青島健太氏が埼玉県知事選挙の第一声の場として選んだのが、2019年9月20日から11月2日に開催予定のラグビーワールドカップ2019の会場となる熊谷ラグビー場前です。青島健太氏は、

「ラグビーW杯もあれば、ヤクルト、ロッテ(いずれもファーム本拠地)、レッズもアルディージャもあります。埼玉には『玉(球)』の字がある。胸を張ってスポーツ立県を目指します。新しく美しいストーリーをどんどん書いて実現したい!」

と演説しました。

埼玉にはヤクルト、ロッテのファーム本拠地があるという趣旨の演説をしたのですが、西武ライオンズについては言及しなかったのです。そして西武ライオンズファンの反感を買ってしまったという意見が見られます。

ファームとはいわゆる二軍のことで、スポーツ選手の控えのチームを意味します。埼玉西武ライオンズのファームの本拠地が、埼玉県所沢市の西武第二球場になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です