アマゾン森林火災の原因と報道されない理由は?

アマゾン森林火災の原因と報道されない理由は?

南米ブラジルのアマゾンで大規模な森林火災が発生しています。アマゾン森林火災の原因と報道されない理由について、詳しく調べてみました。

アマゾン森林火災

2019年8月23日に放送された日本テレビの情報番組『スッキリ』で、アマゾン火災について特集されました。アマゾン火災の原因について説明されていましたので、詳しくまとめました。

森林火災の規模は日本列島がスッポリ収まるほどに燃え広がっています。この火災の原因についてブラジル大統領は放火されたと主張していて物議を醸しています。

アマゾンで起きる森林火災

至るところが赤い炎と煙で包まれています。必死の消火活動が続いていますが、一向に収まる兆しはなく、燃え広がっています。2019年8月21日にYoutubeに投稿された「BBC News Japan」の動画では、ブラジルのジャイール・ボルソナロ大統領を強く批判しています。

南米大陸にあるアマゾンはおよそ7.5億ヘクタールで、日本の国土の20倍ほどです。60%あまりの面積がブラジル国内に位置しています。そのアマゾンがいま、危機に瀕してているのです。

これは森林火災の範囲を赤い色で可視化した地図です。日本列島がスッポリ収まってしまうほど、燃え広がっているのが分かります。

影響は3000キロ離れたサンパウロでも見られます。日光を遮るほどの分厚い雲に覆われていますが、これはアマゾンの森林火災の煙だといいます。

アマゾンの森林火災に対して、SNSでは、「#Pray for Amazomes」=「アマゾン川流域地帯に祈りを」といった言葉が話題になり、世界トレンド1位になっています。

俳優のレオナルド・ディカプリオ(44)や歌手・アリアナ・グランデ(26)など、世界の著名人達も心配の声を上げています。

アリアナ・グランデ:「世界で最も大きな熱帯雨林が16日も燃えているの。そしてメディアは全く気にもしていないわ『#アマゾンに祈りを』」

なぜ世界がアマゾンの森林火災に関心を寄せているのでしょうか?地球環境の専門家(地球環境研究センター:伊藤昭彦室長)によると、アマゾン森林は地球全体の約2割の酸素を生み出していることから、地球温暖化に拍車をかけるおそれもあるといいます。

スポンサーリンク

アマゾン森林火災の原因

地球全体の気候にも影響を与えかねないアマゾンの森林火災。森林火災の原因とはいったい何なのでしょうか?今この火災をめぐってブラジルの大統領の発言が物議を醸しているのです。

ロイター通信によると、今年1月にブラジルのジャイール・ボルソナロ大統領(64)はアマゾンの火災について、

「私は森林保護を訴えるNGO団体が放火したのではないかと思っている」

と発言しています。

ジャイール・ボルソナロ大統領とはいったいどのような人物なのでしょうか?ブラジルの政治を研究している神田外語大学の舛方周一郎講師は、実際に大統領に会って取材もしたことがある専門家です。

舛方周一郎氏によると、奔放な発言から、ジャイール・ボルソナロ大統領はブラジルのトランプと呼ばれているとのことです。アマゾンの火災はボルソナロ大統領のある政策によるものだと指摘しています。

○科学技術の推進
○農業分野の推進
○インフラの整備

ブラジルの経済的な発展を全面に掲げた政策で国民の心をつかみ大統領に当選したジャイール・ボルソナロ大統領。インフラ整備やの農地開拓するために、アマゾンの森林伐採を容認していたといいます。

そもそも農家や伐採業者が開拓のために伐採し、減少傾向にあったアマゾンの森林。それに加え、土地を畑にするために行う焼き畑が大規模火災の原因とみられています。

実際に今年の1月にボルソナロ大統領が就任してから、森林火災は急増。ロイター通信によると、すでに昨年1年間の火災件数を優位に上回る7万件以上の火災が発生しているというのです。

森林の伐採状況を監視していたブラジル国立宇宙研究所がこの異常事態を公表すると、ジャイール・ボルソナロ大統領は施設のトップを解雇。さらには政策に反対を示していた環境保護団体への資金提供を中止したといいます。

こうした背景の中、ボルソナロ大統領は、環境保護を訴えるNGO団体が政府に恥をかかせるために放火したのではないかと主張したのです。しかしボルソナロ大統領の強硬姿勢に対して、批判の姿勢を示す国もあるといいます。

すでにさまざまな国から批判の声明は出ています。2008年8月2日にブラジルが設立した基金「アマゾンファンド」は、アマゾンを保全するための資金を集める基金です。ドイツやノルウェーからの経済的な支援に基づいて行われてきたのですが、現政権が行っている環境政策に対してかなり否定的だったので、資金提供をストップしました。

しかし各国からの自然保護の要求に対して、ジャイール・ボルソナロ大統領はアマゾンは私達のものだという立場を強烈に出しているとのことです。CO2が今上昇している中で、ブラジル国内ではなく、世界的な課題なのですが、領土において、アマゾンは私達のモノだという主張を繰り広げているとのことです。

アマゾン森林火災が報道されない理由は?

確かにアマゾン火災のニュースは大々的に取り上げられていない印象を受けます。しかし世界的な関心を集めていることは確かです。

アメリカでは、俳優のレオナルド・ディカプリオや歌手・アリアナ・グランデが声を上げています。基金「アマゾンファンド」への資金提供はストップされているとの指摘もあります。

2019年8月23日午前7時43分に報じられた日本新聞の記事によると、

【サンタレン(ブラジル北部)=外山尚之】ブラジルのアマゾン熱帯雨林で森林火災の延焼が止まらず、国際問題となっている。フランスのマクロン大統領が主要7カ国首脳会議(G7サミット)で議論すべきだとの見解を示したほか、国連のグテレス事務総長も憂慮の念を示した。一方、ブラジルのボルソナロ大統領は政府に責任はないと主張し、対処方針も示せていない。被害拡大に歯止めがかからなそうだ。

と報じられています。主要7カ国首脳会議(G7サミット)で議論すべき課題にまで発展していることから、アマゾン森林火災に対する世界の関心は強まっています。

しかし一方でメディアであまり報道されていない印象を受けます。歌手・アリアナ・グランデもメディアは全く気にもしていないと発言しています。アマゾン森林火災に対する大衆の関心がもっと強くなれば、メディアでも大きく取り上げられるのかもしれません。

4 Comments

キユナ若奈

参考になりました。
でも、報道されない理由として、無関係であるハズはないですよね。
フランス大聖堂はあれだけ報道されて、
おかしいですね。
裏があると思います。

返信する
noin

毎年気温が上がって 気候がおかしい。災害で亡くなるのは 間違いない。それも近い将来に。
未来の子供たちに地球が残せるのか 。
あと もって何年?1年毎に気温は上がり 10年後
何度になっていて 普通に生活していけるのか心配。

返信する
kto

日本の面積の森林が燃えているのに、報道が少ないことに、とても憂慮する。
メディアは、どうなってしまったのか?
温暖化への影響は?住民の被害は?日本政府は何も対処しないのか?原因は?

返信する
skmv

地球がどんどん壊れている。その事実を真正面から直視させる報道をして欲しい。
子供が産まれてから、この子の将来に地球はどうなっているのか考えると怖くなる。何か行動を起こしたい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です