密着警察24時宮崎北署の通り魔「耳噛み付き女」と関西弁の男の騒動が話題に

密着警察24時宮崎北署の通り魔「耳噛み付き女」と関西弁の男の騒動が話題に

2019年8月21日に放送されたTBSのドキュメンタリー番組『密着警察24時』で、宮崎北署の通り魔「耳噛み付き女」と関西弁の男の騒動が話題になりました。「耳噛み付き女」と関西弁の男の騒動について、詳しくまとめました。

スポンサーリンク

密着警察24時宮崎北署の通り魔「耳噛み付き女」と関西弁の男の騒動が話題に

宮崎県宮崎北警察署刑事第一課。午前0時半過ぎ、宮崎県宮崎北警察署の当直捜査員が出動しました。いったい何があったのか?

現場は繁華街カップルによるトラブルだろうか、男女間の喧嘩の通報です。この日は雨のぱらつく週末です。

現場に到着すると、後方から救急車が通過し、現場で停止しました。負傷者がいるのだろうか?現場から関西弁の男性の怒声が聞こえてきます。

「何で被害遭うててこんなに文句言われなアカンのや おりゃあ」

男性は耳から流血しています。いったい誰にやられたのか?すると建物から人が運び込まれてきました。それは女性です。

警察官たちに手脚を持たれながら、何やら叫んでいます。男性は見ず知らずの女性に耳を噛み付かれたのです。

被害者の男性は興奮し、警察官の問いかけに酷く声を荒げています。警察官がなだめようとしますが、興奮は収まりません。

その場にいたもう一人の男性から話を聞くと、女性は現場から200メートルほど離れたコンビニから出ると、手当たりしだい、人や物にぶつかり、殴る蹴るの暴行を働いたといいます。そして最後に関西弁の男性に襲いかかり、耳に噛み付いたところで、周囲の人たちに取り押さえられたというのです。

女性は泥酔しているのか、意味不明な言葉を切り返し、事情聴取できません。現場に残っていた目撃者から犯行の状況を聞くことに。まさに通り魔的に通行する人達を次々と襲った女性。ひとまず宮崎北署で保護することになりました。動機などを詳しく聴取するためです。

同時に事件として扱うため、被害男性の聴取を進めようとしますが、

「おい、ボケ!」

男性はさらに激しく興奮し、緊迫の展開に…。

「かかってこいや!ほんまにかかって来いやオリャア」

男性もかなりの泥酔状態、こちらは言葉で警察官に噛み付きます。なんとかなだめながら、捜査車両へ誘導しました。事件として扱うには、男性の被害届が必要なため、どうにかして協力を仰ぎます。

しかし男性の言動は二転三転、果たして被害申告の意思はあるのか…。興奮さめやらぬまま、宮崎北署に到着。ところが刑事達の説得にもかかわらず、依然として怒りをぶつけます。

事情聴取に一切応じず、この状態でこれ以上引きとめることは不可能と判断。男性には被害申告の意思はなし。しかし刑事達の辛抱強い対応によって、ようやく態度が軟化。最後に事件の証拠となる傷の写真撮影にも応じました。結局今回の騒動は被害申告なしのため事件化されませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です