ヒルナンデスのカニクリームコロッケとモンブランの販売店はどこ?

ヒルナンデスのカニクリームコロッケとモンブランの販売店はどこ?

2019年8月21日に放送された日本テレビの『ヒルナンデス!』でカニクリームコロッケとモンブランがクイズのご褒美として紹介されました。『ヒルナンデス!』で紹介されたカニクリームコロッケとモンブランについて、詳しく調べました。

ヒルナンデス!

今回の放送では、「ある世界で大成功!いったい何者!?」という企画で、ある世界で大成功している人物がいったい何者なのかを答えるクイズを出題しました。クイズのご褒美として、カニクリームコロッケとモンブランが用意されました。


スポンサーリンク

ヒルナンデスのカニクリームコロッケの販売店はどこ?

ジブリからも依頼で、「明治13年から続くある職人二ついて出題されました。仕事の研究のため、映画を鑑賞中のご夫婦。二人が観ているものは「トトロ」。

結婚して2年、30歳前とまだお若い二人ですが、ご主人は明治13年から139年続くある職人の6代目。となりのトトロでチェックしていたのは…。

宮崎駿さんがそれを好きだということもあって、色とか服装を参考にしているとのことです。風立ちぬはキーアイテムだそうです。

「うちの父の代で(依頼されて)作った」

と語っています。

昔は父親への反抗心から、この仕事を継ぎたいとは思っていなかったそうです。しかし結婚するタイミングで、2年前家業を継ぐことを決意。2年間の成果も観てもらうため、初めて奥さんを職場へ。

型を作るための木の型は創業当時から増え続けており、今では500個以上あるそうです。

こちらの夫婦はいったい何者?

松本潤がカニクリームコロッケが好きということで、正解者の方にカニクリームコロッケがご褒美として用意されました。

新橋「二貴(にたか)」の3日間かけて作るカニクリームコロッケ1個600円です。コロッケ1個の中にズワイガニの脚が一本入っているそうです。さらにクリームの中にもほぐした身がふんだんに使われています。

ただこのお店、洋食屋さんではありません。なのにカニコロッケメニューが人気ナンバーワン。 新橋の焼酎バー「二貴(にたか)」です。4個2100円のお持ち帰りメニューもあるそうです。お昼の営業もあって、1100円のカニクリームコロッケランチが人気だということです。

新橋の焼酎バー「二貴(にたか)」

所在地:〒105-0004 東京都港区新橋2丁目11-8

回答:二人の正体は麦わら帽子職人でした。

ヒルナンデスのモンブランの販売店はどこ?

子供たち達が大喜び 年間50億円を売り上げるある開発者。

もともとファッション業界で18年働いており、1年前にグループ会社の別部門へ転職したそうです。

30年以上前からあるロングセラー商品です。物の性質について子供たちに授業しています。

小学校で主張授業をすることもあるそうです。

仕事を依頼した校長先生によると、高学年で学ぶ内容なのですが、実際にそれを体験し、難しくなく理解できたとのことです。この取り組みは高く評価され、経済産業省公園のキッズデザイン賞を受賞しています。

ある日、リサーチのために千葉イオンモール幕張新都心カンドゥーに出向く女性。カンドゥーは子供が職業体験をできる施設になっています。女性はペンキ屋さんのブースを怪しげに観察。そして塗り方の動きをチェックしています。

こちらの女性はいったい何者?

松本潤はモンブランも好きということで、正解者の方にご褒美としてモンブランが用意されました。

「パルスホテル東京」マロンシャンティイ1個734円です。

中と外が逆のモンブランです。パルスホテル東京のマロンシャンティイは、外の生クリームがドレスのように掛っています。中にマロンが入っているのですが、ホクホだそうです。みっちりとペーストも詰まっています。

パルスホテル東京

所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目1-1

回答:女性の正体はお菓子職人でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です