ALL(オウ)コミケ中国人コスプレイヤーの盗撮被害がZIPで話題に

ALL(オウ)コミケ中国人コスプレイヤーの盗撮被害がZIPで話題に

2019年8月14日に放送された日本テレビの情報番組『ZIP!』でコミケ中国人コスプレイヤーのall(オウ)の盗撮被害が特集されました。コミケ中国人コスプレイヤーのall(オウ)の盗撮被害について詳しく調べました。

ZIP!

今回の放送では、コミケ会場での盗撮トラブルについて特集していました。4日間で73万人が来場したコミックマーケット。たくさんのカメラマンの中に肩を落として歩くコスプレーヤーの姿が映像として流れました。コスプレイヤーにいったい何が起こったのかを紹介していました。

スポンサーリンク

コミケ中国人コスプレイヤーのall(オウ)の盗撮被害

コスプレイヤーを取り囲む無数のカメラマンに突如囲まれ、強引に撮影されたというのです。

「突然カメラマンがちかよってきたから」

「『ちょっと近い』ても誰も聞いてくれない」

「そういう感じ『離れてください』と言った」

とコミケ会場での恐怖を語ったのは中国人コスプレイヤーのALL(オウ)18歳です。

「近づいてきて怖かった」

とも語っています。

中国人コスプレイヤーのALL(オウ)は日本のアニメの影響を受けて、3年ほど前からコスプレイヤーとして活動しているそうです。今回初めてコミケに参加したといいます。

コミケ会場には多くのカメラマンが集まります。中国人コスプレイヤーのALL(オウ)はチャイナドレスをアレンジした衣装に身を包み、会場を訪れました。

するとカメラマンたちが近付き、無断撮影で撮影が始まったといいます。その行動はエスカレートし、スカートの中を撮る人もいたといいます。

中国人コスプレイヤーのALL(オウ)は、

「誰かが『スカートを隠して』と教えてくれたので、私はその場に座りました。」

「座ると逆にもっと近づいてきて、何を言えばいいのか分からなくなって、ずっと『近いから離れてください』と叫んだけど、誰も聞いてくれませんでした。」

とコメントしています。

中国人コスプレイヤーのALL(オウ)の周りにはスチールカメラや、ビデオカメラがほんの数センチの距離に迫り、カメラが肌に触れるほどだったといいます。中国人コスプレイヤーのALL(オウ)は恐怖のあまり逃げ出すことができなかったそうです。

「たぶん15分ぐらい、20分はあったかもしれません。」

「混乱していたから長く感じました。」

その後、異常を感じた周囲の人がスタッフを呼び、中国人コスプレイヤーのALL(オウ)はようやく解放されました。中国人コスプレイヤーのALL(オウ)が受けたこの被害に対して、弁護士は、

「東京都の迷惑防止条例違反の盗撮にあたると思いますので、刑罰の対象になるかと思います。」

と発言しています。

中国人コスプレイヤーのALL(オウ)は日本でこんな被害に遭うとはショックを隠しきれません。これは犯罪だということを意識して欲しいと訴えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です