東京タピオカランドの場所はどこ?トイレなし、再入場不可、4店舗しかないと酷いの声

東京タピオカランドの場所はどこ?トイレなし、再入場不可、4店舗しかないと酷いの声

2019年8月13日から9月16日まで、東京タピオカランドが開催されます。本日、早速タピオカランドに行った客の情報が上がってが、会場内にトイレがない、再入場不可、4店舗しか出店していないなど、酷いというネガティブな情報が上がっています。東京タピオカランドについて、くわしく調べてみました。

東京タピオカランドの場所

東京タピオカランドは原宿に新設された商業施設「ジング(jing)」で開催されています。

ジング(jing)
所在地:東京都渋谷区神宮前 6丁目 35-6

原宿駅から徒歩2分という好立地で、かつ東京メトロ「明治神宮前駅」に施設が直結しています。

東京タピオカランドの出店は4店舗

出店している店舗は下記の4店舗です。

○三茶ヤ

三軒茶屋に店舗を構え、「黒糖タピオカいちごラテ」のタピオカのボリュームの多さに定評があります。

○シェイシェイパール(謝謝珍珠)

日本初の黒糖タピオカ専門店です。本場の台湾で生産された生タピオカを使用し、数種類の独自のブレンド黒糖で上品な味わいを生み出しています。

○ラベラペ(LAB LAP)

8月中旬予定ということで、公式ホームページなどは見当たりませんでした。

○タイガーティー(虎一茶)

9月16日に初台でオープン予定とのことで、公式ホームページは見当たりませんでした。

東京タピオカランドはトイレなし、再入場不可って本当?

東京タピオカランドに実際に行った人の感想をまとめてみました。ネガティブな感想の方が多いです。東京タピオカランドの感想について、一つずつ説明します。

会場が狭い

東京タピオカランドの会場が予想よりも狭いとい意見が多いです。店舗数も4店舗だけという不満の声も上がっています。これだと普通にお気に入りのタピオカ店舗を回るほうがいいとの意見が出ています。

入場料が高い

入場料として、前売1000円あるいは当日1200円が掛ります。入場料にはドリンク1杯分が含まれているとのことですが、それでも高いという意見が多いです。

トイレがなくて、再入場不可

タピオカを飲むのにトイレがないとは驚きです。さらに再入場も不可とのことですので、タピオカを飲んで、トイレに行きたくなったら、会場から退場する以外にありません。会場内でゆっくりとくつろげないかもしれません。

ドリンクは持ち帰り不可?

ドリンクは落ち帰り不可との情報が上がっていますが、下記のサイトでは持ち帰り可能と記載されています。どちらが正しいのか明らかではありません。Twitterの情報を信頼すると、持ち帰り不可ということになります。

FASHIONSNAP.COM
https://www.fashionsnap.com/article/2019-08-12/tokyo-tapiocaland-open/

まとめ

酷いなどのネガティブな意見が多いです。しかし一方でインスタ映えするエリアがあるなどの意見があったり、楽しめたという意見もあったりしました。

まとめ

期待値を高く設定し過ぎると、がっかりしてしまうかもしれません。トイレはなく、再入場は出来ないというルールを事前に知りつつ、適度に楽しむのがいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です