津田学園の2番手ピッチャー降井隼斗背番号10の顔がイケメンと甲子園の高校野球で話題に!

津田学園の2番手ピッチャー降井隼斗背番号10の顔がイケメンと甲子園の高校野球で話題に!

2019年8月13日に履正社と津田学園の試合がありました。津田学園はピッチャーを前佑囲斗から背番号10の降井隼斗に変えました。2番手ピッチャーの降井隼斗の顔がイケメンと話題になっています。

履正社×津田学園の試合

履正社は3回裏に1点を先取し、さらに4回目裏に5店の追加得点を獲得しました。そこで津田学園はピッチャーを前佑囲斗から降井隼斗に変えました。

降井隼斗は8回表まで3安打1失点に抑えましたが、2死を迎えた場面で、再度前佑囲斗にピッチャーが変りました。この日は前佑囲斗の誕生日でした。残念ながら、試合に勝つことはできませんでしたが、

「高校最後の誕生日に、最高の舞台で終われてよかったです」

とコメントしています。

試合結果は履正社7×3津田学園でした。津田学園は5回表、6回表、8回表に追加点をそれぞれ1点ず獲得しましたが、履正社の猛攻に及びませんでした。

津田学園の2番手ピッチャー降井隼斗背番号10

降井隼斗は背番号10番の津田学園の右投げ右打ちのピッチャーです。学年は3年生です。出身中学は四日市市立三滝中学校です。

今回の試合では4回裏からの津田学院の2番手のピーっ茶―として登板となりました。先発の前佑囲斗が3回裏に5点の追加点を奪われ、履正社の打線の強さを見せつけられています。

降井隼斗は、

「相手は履正社打線ではなく、自分自身。怖がらずに腕を振ろう」

と意思を固め、履正社の猛攻を1失点に抑えました。

降井隼斗のピッチングスタイルは右サイドから投げるサイドスローです。サイドスローの投げ方をしているピッチャーは比較的に少ないです。

サイドスローでは体幹を中心軸として、遠心力を利用して投げます。降井隼斗の直球は130キロ後半から140キロ前半のスピードを保っていて、サイドスローとしては素晴らしいスピードです。またスライダーも持ち球として活用し、打者を見事に翻弄していました。

降井隼斗の顔がイケメン

津田学園の2番手ピッチャー降井隼斗背番号10の顔がイケメンと話題になっています。Twitterでは、降井隼斗の顔がイケメン、淡麗、歌舞伎俳優見ないなどの声が上がっています。確かに歌舞伎俳優の市川海老蔵に似ているかもしれません。

歌舞伎俳優の市川海老蔵と画像を比べてみましょう。どちらもイケメンですが、市川海老蔵を少し面長にすると、降井隼斗と似ている感じがします。降井隼斗のほうが少し顔の横幅が狭い感じがします。

出典引用:https://www.sankei.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です