漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』を無料で読める方法を調査~ネタバレと感想も~

漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』を無料で読める方法を調査~ネタバレと感想も~

漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』を無料で読める方法を調査しました。漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』のネタバレと感想も紹介します。

漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』を無料で読める方法は?

漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』を無料で読める方法を調査したところ、電子書籍サイトの30日間の無料お試しキャンペーンを利用する方法を見つけました。無料お試しキャンペーンを利用すると、無料でポイントがもらえるのです。

漫画配信サイト 付与ポイント ポイントで読める巻数
FODプレミアム 100ポイント*注1(最大1300ポイント)  漫画が見つかりませんでした。
music.jp 961ポイント 119円の料金が掛ります。
U-NEXT 600ポイント 漫画が見つかりませんでした。
ebookjapan 50%オフ 初回50%オフチケットで半額で読めます。

注1:FODプレミアムでは、毎月8の付く日にログインすると、合計最大1200ポイントを無料でゲットできるということになります。
*上記の情報は2019年8月1日時点での情報となります。

『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』を無料で読める方法を調査

「music.jp」という電子書籍サイトを利用する方法です。「music.jp」の30日間の無料お試しキャンペーンでは、限定特典として通常ポイントが961ポイントもらえます。

漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』の料金は1080円です。残念ながら、無料お試しキャンペーンでもらえる961ポイントを使っても、119円の料金が発生してしまいます。しかし格安で漫画を読むことはできます。当サイトから登録していただくことで、30日間の無料お試しキャンペーンの限定特典を受け取ることができます。しかも30日以内に解約すれば、119円以上の料金は発生しません。

30日間の無料お試しキャンペーンはこちら↓↓↓

漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』のネタバレ

テレビでは毎日ように流れている交通事故ニュース。視聴者はその後の被害者を知りえませんが、大和ハジメ(やまと・はじめ)さんはその衝撃的な生還からの生活をコミックエッセイとして残しました。

怪我をしてから記憶がすべて繋がって、手術もリハビリも退院も通学もしたわけじゃない。人は先入観に蝕まれていたようです。

大和さんは、大学を入学したばかりでトラックにひかれました。目覚めた時に外傷はなく、それなのに親も医者もまだ入院が必要と言い、わけがわからない。大和さんが支障を来していたのは、主に脳内です。

家族が大和さんの「意識が戻った」というのは彼の視点と一致せず、幼児退行をしていた頃から「意識が戻った」認識でした。大学生の自分を取り戻したため、大和さんはいつも通りの日常を希望します。前向きになった息子に、母もほっとします。

しかし、彼は大学の講義が異国語に聞こえました。理解したくとも出来ない現状に無気力になりますが、大学は友人や父の力を借りて何とか卒業します。

卒業したら次は就職。しかし理解出来ずに落とした単位も、父に英語のレポートを書いてもらったこともある大和さんは、強く障害者を自覚します。

世の中は健常者用に最適化されている。当然、社会では「普通の成長」を要求される。

自分を弱いと称しつつもこれはリハビリと解釈し、営業もコールセンターも経験しました。斜視にも苦しみますが、手術を受けて改善します。

仕事を極めることで、うまくいかない感情コントロールも行えるようになりました。高次脳機能障害にはよくある「怒りやすさ」を、独力でクリアしたのです。

障害者として下りた保険金は800万。その800万を自分の働きで得ることで、ついにリハビリを終えた区切りとしました。

つらい記憶をコミックにして再度向き合い、親の日記も借りることで二人の苦しみも知りました。病気のせいで鬱にもなったし、理解も得られず叱られたけれど、それを上回る周囲への感謝や自信で真に脳の障害に打ち勝ったのでした。

漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』の感想

私はこの本をすべて読み終えたとき、健常者にすらできない快挙を彼は成し遂げたのではないか、と心から尊敬しました。というのも今の日本では、職場鬱で休職なんて当たり前で、自分で解決するより心療内科や精神科に通うことを選びがちだからです。

斜視もなく視界も良好。外因性の記憶障害もなく、理解力も問題なし。そんな健常者でも問題を自力でクリアし、売上トップに躍り出るなんて出来ません。

彼は今では脳の障害に感謝をしているとすら言いっています。そこに至るまでたくさん苦労してつらい思いもしましたが、最終的には自分で健全な精神を取り戻したのです。

人が地球に重力でつながれて地に足をつけていられるように、誰かに必要とされなければ生への執着などと持てません。例えば自分が高次脳機能障害になったとして、家庭不和な状態で家族から見捨てられたら?元の生活に戻れず絶望したら?

必要とされる実感がなければ、大和さんと同じ絶望のどこかで、自力で前に向けずに自信を失い、人と接することを恐れ、次第にフェードアウトしていったのではないでしょうか?彼が家族や友人に感謝する気持ちがわかりますね。

しかしやっぱり幾度もの絶望を乗り越えたのは彼自身の力であり功績だと思います。健常者であれ、鬱病、あるいは抑鬱状態に陥れば、人に理解されない苦しみの中に入ることになります。

外傷がなくとも、内因性の健忘症状が出ることもある。その時になって大和さんの言う「健常者に最適化された社会」に気づくのです。風邪や怪我といった、目に見えてわかる普段との違いがなければ認めない会社も多い。

心を病むと負け、自分は違うけど、という風潮を確かに感じます。そんなとき、大和さんのコミックエッセイをお勧めします。

障害者の彼が、どうにもできない脳の問題をどうクリアして、800万まで稼いで自分を取り戻したのか。それはきっと現代人が誰かに傷つけられた傷痕を、癒す手助けになってくれるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です