コミケ96の3日目の待機列で東駐車場で放置され、入場規制解除されたと話題に

コミケ96の3日目の待機列で東駐車場で放置され、入場規制解除されたと話題に

2019年8月11日に開催されたコミケ96の3日目の待機列で、東駐車場で放置され、しかも入場規制が解除された話題になっています。救急車で搬送される人も出る事態になっています。コミケ96の3日目の東駐車場の待機列について、詳しくまとめました。

コミケ96の3日目の混雑状況

2019年8月9日から開催されたコミケ96ですが、いくつかのルールの変更点がありました。リストバンドによる入場規制時の有料化、企業ブースを青海展示棟に移動、開催期間を4日間に延長などです。

1日目の来場者数は約16万人、2日目の来場者数は約17万人でしたが、大きなトラブルもありませんでした。ルールの変更による一定の効果が見られたと言えるでしょう。

しかし3日目になって、大きなトラブルが発生しています。東駐車場で熱中症で倒れて、救急車で搬送される人まで出てきています。

待機列で東駐車場で放置され、入場規制解除される

コミケ96の東駐車場の待機列の状況を調べてみました。Twitterの情報によると、下記の画像のように待機列ができているとのことです。

東駐車場の待機列は建物などで日光を遮るものがないため、フライパンと呼ばれているようです。強い日光による熱と地面からの地熱で、まるで料理で使うフライパンの状態になるという意味です。

Twitterの情報をまとめると、リストバンドを持っている入場者が東駐車場に回され、炎天下の中で放置される羽目になったようです。そして午前11時から11時半頃に入場規制が解除され、リストバンドを持っていない入場者もフリーで入場できるようになったようです。タイミング良く、入場規制が解除された入場者はあまり待たずに入場できて、リストバンドを持っていた入場者が炎天下で数時間待たされるという事態になってしまったようです。

東駐車場の待機列で放置された入場者がまだはけていないのに、なぜ入場規制が解除されたのかが疑問です。また入場規制を解除できる状況なのに、なぜ東駐車場の待機列の入場者は入れなかったのかも疑問です。

炎天下の中で数時間も待機列で待たされた入場者の中に、体調を崩して救急車で搬送される人も出てきたそうです。Twitterの情報では、1人が意識不明でAED処置、熱中症で倒れる人が10人くらいいたようです。救急車が4台以上着ていたようです。

コミックマーケット準備会の市川孝一共同代表は、

「4日間が終わったわけではないので、まだ成功とは言えませんが、手応えは感じています」

「大きな混乱がないのは、スタッフの努力があるからこそ」

と語っています。1日目と2日目は大きな混乱がなかったようですが、3日目に入って、急にトラブルが発生してしまいました。

*Twitterの情報をまとめていますが、情報の精度が定かではありません。公式の発表ではありませんので、予めご了承ください。

追記:

徹夜組6000人と始発組で並ぶスペースがなくなり、リストバンドを購入してきた後発組が東駐車場に回されたとの情報が上がっています。そして東駐車場で放置されたようです。

追記:

緊急救命活動に従事していた方が、今回のトラブルは運営の不手際にあるのではと疑問を投げかけています。またコミックマーケットが多くのボランティアで支えられていて、救命活動に協力してくれた方に感謝しているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です