那須ハイランドパークで転落事故!ボルダリング施設ノボランマで命綱に不備

那須ハイランドパークで転落事故!ボルダリング施設ノボランマで命綱に不備

2019年8月5日に那須ハイランドパークで転落事故が起ったと報じられています。ボルダリング施設「ノボランマ」で命綱をつけていなかったとのことです。那須ハイランドパークで転落事故について、詳しく調べました。

那須ハイランドパーク

那須ハイランドパークは栃木県那須町にある大自然に囲まれたレジャー施設で、豊富な絶叫コースターを揃えています。代表的な絶叫コースターとして、ビッグバーンコースターがあります。75度の傾斜角の絶叫コースターで、ほぼ真下に落ちる感覚を体験できます。

出典引用:http://drkssk27.web.fc2.com/

F2(エフ・ツー)と呼ばれるコースターは、レールにつり下がるタイプのコースターです。レールが回転していたり、ねじ曲がったりしています。

出典引用:https://tour.vipliner.biz/

スピンターンコースターは予測不可能な回転でスリルを味わえるコースターです。

出典引用:https://triipgo.com/

ボルダリング施設ノボランマ

ボルダリング施設「ノボランマ」には、「クリッピンクライム」、「デジタルボルダリング」、「エクストリームラン」などの施設があります。「ノボランマ」とは、「チョモランマ」と「走る」と「登る」を掛け合わせた言葉です。

「クリッピンクライム」とは、高さ8メートルに及ぶクライミングの遊具です。ハーネスと呼ばれる安全ベルトを着用し、天井のオートビレイ器と接続して、ロープで安全を確保します。

出典引用:https://www.travel.co.jp/

「デジタルボルダリング」とは、プレイヤーの動きをセンサーでとらえて、映像をクライミングウォールに映すゲームです。モグラたたきなど、5種類のゲームが楽しめます。

出典引用:https://www.travel.co.jp/

「エクストリームラン」

空気のはいった障害物で出来たアスレチック施設です。空気のクッションにより、衝撃が緩和されるように設計されています。

出典引用:https://www.travel.co.jp/

転落事故!命綱に不備

2019年8月5日に那須ハイランドパークで51歳男性がボルダリング施設「ノボランマ」の遊具から転落する事故があったと報じられています。

事故があったのは、クライミングなどを楽しめる屋内複合アトラクション「ノボランマ」の遊具のひとつ。高さ約8メートルの鉄柱から空中につるされたサンドバッグに飛びつく遊具で、男性は5メートルほどの高さから転落した。通常は命綱を付けた状態で遊ぶといい、男性は命綱を装着していたが、命綱に何らかの不備があったとみられるという。

出典引用:https://www.asahi.com/articles/ASM85664HM85UUHB00K.html

朝日新聞DIJITALのニュースによると、サンドバッグに飛びつく遊具と報じられているので、「クリッピンクライム」での事故と推測されます。「クリッピンクライム」では安全ベルトを着用するので、安全ベルトあるいは天井のオートビレイ器との接続に不備があったのかもしれません。現在のところ、詳細は明らかではありません。

動画では赤いサンドバッグに人が飛び乗る映像が流れます。おそらくこのアトラクションでサンドバッグに飛び移って、転落したのではないかと推測されます。

サンドバッグに飛び移って、しっかりとサンドバッグにつかまれないと、下にずり落ちます。サンドバッグから手が離れると、落下してしまいます。通常は命綱があるので安全なのですが、命綱に何らかの不備があったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です