エミリアーノ・サラ選手と愛犬ナラ(Nala)の画像~兄妹ロミナのFacebookの写真が話題に~

エミリアーノ・サラ選手と愛犬ナラ(Nala)の画像~兄妹ロミナのFacebookの写真が話題に~

2月7日、英仏海峡にて飛行機の残骸とともに発見された遺体が、サッカー、イングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティのアルゼンチン出身FWエミリアーノ・サラ選手である確認ができたと、イギリス南部ドーセット州の警察が発表しました。

アルゼンチン出身FWエミリアーノ・サラ選手

本名:エミリアーノ・ラウール・サラ・タファレル
Emiliano Raúl Sala Taffarel
ラテン文字 Emiliano Sala
国籍:アルゼンチン
生年月日:1990年10月31日
出身地:アルゼンチン サンタフェ州クルル(Cululú)
没年月日:2019年1月21日(28歳没)
身長:187cm
選手情報
ポジション:FW
利き足:右足

スポンサーリンク

飛行機墜落のニュース

1月21日に、フランス1部リーグのFCナントからカーディフ・シティに移籍が発表され、ナント・アトランティック空港から小型飛行機でカーディフへ向かっている途中、レーダーから消え、行方がわからなくなっていました。その後、「生存の可能性が極端に低くなった」との理由から1月25日に、警察による積極的な捜索が打ち切られたのです。

捜索

警察による捜索は打ち切られましたが、民間からの寄付やクラウドファンディング、そして、ディエゴ・マラドーナ、リオネル・メッシ、セルヒオ・ラモスらの支援によって再開されました。今月3日からはソナーによる海底調査が行われ、4日に飛行機の残骸を映したと思われる水中の映像から1名の遺体が発見されたことをイギリス航空事故調査委員会が発表しています。

エミリアーノ・サラ選手の経歴

1990年10月31日にアルゼンチンのサンタフェ州に産まれたエミリアーノ・サラは2012年2月8日、フランス1部リーグのFCジロンダン・ボルドーでデビューし、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートしています。

2013年に2部リーグのシャモア・ニオールFCに期限付き移籍をしたあと、いくつかのチームを渡り、2015年1部リーグのFCナントに5年契約で移籍しました。2018年10月20日のトゥールーズFC戦でハットトリックを達成しています。

まだ28歳と若く、カーディフ・シティとしてはクラブ史上最高額の1500万ポンド(約21億円)で獲得したことから、いかに期待していたか、また、有望な選手であったかがわかります。

愛犬ナラの画像とロミナのFacebookの写真

2015年から愛犬ナラとともに暮らしていました。まだ身元が確認できていなかったタイミングで、エミリアーノ・サラの兄妹ロミナが「ナラもあなたをまっている」とのメッセージとともにFacebookにポストしたナラの写真が話題になっています。

遠い空を見つめるナラの後ろ姿を映したショットなのですが、誠実に帰りを待つようにも、なにかを感じているかのようにも見える写真なのです。心が締め付けられるような写真です。

ツイッターの反応

愛犬ナラがエミリアーノ・サラ選手を待っている姿に日本の忠犬ハチ公を思い出させます。愛犬ナラのしおらしさに涙する方もいます。人と動物との絆には心動かされます。

2012年にエミリアーノ・サラ選手はプロデビューを果たしてから、ずっと過ごしていたフランスを離れ、新天地に向かうところでしたので、心に期することもいろいろとあったはずです。本当に残念で、あまりにも悲しい事故です。ご冥福をお祈り致します。

サラ選手の帰りを待ってる愛犬。

現代のハチか。泣いちゃう。

ナントに移り住んだ時、一人暮らしの寂しさを紛らす為に飼い始めた愛犬サラがウェールズで契約を終えてフランスにとんぼ返りしたのも、仲間にお別れをするためよりもこの愛犬の事が一番の心配だったといわれている。そして、御主人様の帰宅を今でも待っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です