埼玉県伊奈町で火災!DIC(大日本インキ)の化学工場から出火  

埼玉県伊奈町で火災!DIC(大日本インキ)の化学工場から出火

2019年8月3日夜に埼玉県伊奈町で火災が発生したと報じられています。消防によると、埼玉県伊奈町のDIC株式会社(旧社名:大日本インキ化学工業株式会社)の化学工場から火が出ているとのことです。

DIC(大日本インキ)

DIC株式会社は本社を東京都中央区日本橋に構える化学メーカーです。2008年4月1日に社名を大日本インキ化学工業株式会社からDIC株式会社に変更しています。

主力製品は印刷インキ、有機顔料、合成樹脂です。印刷インキの主成分は顔料とワニスと添加物です。印刷物の色彩を表現するために顔料は使われます。顔料を印刷物に固定するためにワニスが使われ、添加物は顔料の流動や乾燥を調節するための補助剤です。

スポンサーリンク

埼玉県伊奈町で火災!DIC(大日本インキ)の化学工場から出火

2019年8月3日の夜に埼玉県伊奈町で火災が発生したと報じられています。2019年8月3日午後8時44分に報じられた「テレ朝 NEWS」では、現在のところ逃げ遅れやけが人の情報は入っていないとのことです。

映像を観ると、建物から激しく火が燃えている様子が映っています。消防によると、埼玉県伊奈町のDIC株式会社の化学工場からの出火したとのことです。

DIC株式会社 埼玉工場
〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町大字小室4472−1

印刷インキ工場の過去の火災事例

1989年07月24日に神奈川県相模原市の印刷工場で、乾燥機内のヒーター部にインキが落ちして,高温ヒーターの放射熱で出火しています。印刷インクは可燃物のため、火災に発展しました。(出典元:http://www.i-printing.co.jp/wordpress/?p=1182)

共同印刷(株)の小石川工場で2011年5月13日に火災が発生したとのことです。ブレーカーからの漏電による出火で、オフセット枚葉機数台が焼けてしまったとのことです。(出典元:http://www.shippai.org/fkd/cf/CC0000059.html)

東京インキは羽生工場(埼玉県羽生市)で2014年9月16日午前11時20分頃に火災が発生したと発表しています。人的被害は確認されていないとのことです。(出典元:https://www.logi-today.com/124282)

2017年12月1日8時25分,静岡県富士市の荒川化学工業株式会社の富士工場で火災が発生し、死亡者2名、重傷者2名軽傷者11名の犠牲者が出ています。事故後の調査によると、火災の原因は静電気による粉じん爆発と判断されています。(出典元:https://www.arakawachem.co.jp/jp/ir/document/news/20181120fuji7.pdf)

粉じん爆発とは一定濃度の可燃性の粉じんが浮遊しているときに、火花で引火して爆発を起こす現象をいいます。富士工場の事例では火花の元となったのが静電気ということになります。

東京インキでは以前にも火災が発生しているということが明らかになりました。しかし人的被害は出ていないようです。さまざまな原因で印刷インキの工場で火災が発生していることが分かりました。印刷インキは可燃物であるため、印刷インキが火災の直接の原因となることもあるようです。

印刷インキの工場で最大の火災事故は荒川化学工業株式会社の富士工場の火災でした、粉じん爆発という特殊な原因による火災です。原因は静電気と粉じんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です