IQ188太田三砂貴の絵が話題に!天才ダ・ヴィンチか?~1番だけが知っている~

IQ188太田三砂貴の絵が話題に!天才ダ・ヴィンチか?~1番だけが知っている~

2019年7月22日に放送された『1番だけが知っている』に登場したIQ188の持ち主・太田三砂貴の絵が話題になっています。太田三砂貴の絵を公開し、天才ダ・ヴィンチに例えられるほどの作品のようです。太田三砂貴の絵についてくわ引く調べてみました。

1番だけが知っている

太田三砂貴が『1番だけが知っている』に出演するのは今回が初めてではありません。2019年3月17日に『1番だけが知っている』でテレビ初出演をしています。

2019年3月17日の放送では、アインシュタインに匹敵するIQ188の天才、突然変異型とPVで紹介されていました。高校時代にMENSAの入会試験を受けて、高得点を獲得したのがきっかけで、才能が認知されるようになったそうです。

しかし実際の社会で天才的な才能を生かせる場は限られています。大手IT企業に就職しましたが、コールセンターに配属になってしまったのです。そしてテレビに出演した当時は無職でした。

海外に出ることを決意しましたが、アメリカでも大学を出ていないということで相手にされませんでした。そこで日本で再度大学受験をすることになったのです。

現在、太田三砂貴は琉球大学の理学部の物理学科に通っています。自然が好きだから、一度来たことがある沖縄に決めたそうです。自然を観察すれば、芸術や物理が理解できるとい持論を持っているとのことです。

2019年7月22日に再度太田三砂貴が出演しました。24年間埋もれていたIQ188の悲劇の天才、5億人に一人の頭脳の持ち主の衝撃の絵との触れ込みで、レオナルド・ダ・ビンチに似ているという絵が公開されました。

IQ188とは?

太田三砂貴は高校時代にMENSAの入会試験を受けていますが、MENSAの合格基準はどれくらいなのか調べてみました。MENSAとは人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する人たちの交流の場とのことです。

MENSAの入会資格

WAIS:130以上
Stanford–Binet Intelligence Scales:132以上
Cattell Verbal:148以上

MENSAに入会できるのは、全人口の約2%とのことです。50人に一人の割合です。太田三砂貴は5億人に一人の頭脳ということですので、MENSAの中でも圧倒的な頭脳を持っているということになります。

IQ188太田三砂貴の絵が話題に!

実際に番組で公開された絵です。男性が両手で顔を覆っています。

ところどころ白い色と赤い色が印象的に使われています。赤い色が血の色にも見え、少し怖い雰囲気を感じます。

また白と赤の色で線のようなものが描かれていて、幾何学的な構想に基づく絵画のイメージを連想させます。番組の中で、絵の構図の説明をしていましたが、黄金比をふんだんに取り入れているようです。

なぜ男性は顔を手で覆っているのか気になります。とてもインパクトのある絵画であることは確かでしょう。番組内では、絵の男性は太田三砂貴本人とのことです。今まで辛い思いをしてきたことを風刺し、戦争をしっかりと理解していない自分に対する贖罪も描いたとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です