石川敏男~吉本興業岡本昭彦社長の記者会見で質疑応答を打ち切りで話題に!

石川敏男~吉本興業岡本昭彦社長の記者会見で質疑応答を打ち切りで話題に!

2019年7月22日に吉本興業岡本昭彦社長の記者会見が開かれました。質疑応答の際に、芸能リポーターの石川敏男が質問をして、吉本興業岡本昭彦社長が話をしている途中で質問を打ち切ったと話題になっています。石川敏男の質問について、詳しく調べてみました。

吉本興業岡本昭彦の記者会見

2019年7月20日に宮迫博之と田村亮の二人が吉本興業の反対を押し切って、記者会見を開きました。事の重大さを深刻に受け止め、松本人志が吉本興業岡本昭彦社長に直談判し、吉本興業岡本昭彦社長自身による記者会見が実現しました。

スポンサーリンク

芸能リポーター石川敏男

出典引用:https://www.excite.co.jp/

小学館の「女性セブン」から主婦の友社の「週刊女性」に移籍しています。さらに芸能リポーターとして、『おもいッきりテレビ』の「うわさのうわさ」、『情報ライブ ミヤネ屋』の芸能コーナーなどに出演しています。

生年月日:1946年11月10日
出身地:東京都
学歴:早稲田大学中退
職業:芸能リポーター、元芸能ライター

石川敏男芸能リポーターが質疑応答を打ち切りに

吉本興業岡本昭彦社長にの記者会見の質疑応答では、まず芸能リポーターの川内天子が質問をしました。川内天子は処分の撤回の理由について質問をしました。

岡本昭彦社長は会社の意思だと答えました。さらに、二人だけの記者会見をやらせてしまったことに心苦しく思い、辛い思いをさせてしまったとコメントしています。

さらに川内天子は、吉本サイドに二人の気持ちの理解が足りなかった、吉本サイドの落ち度だったと認識しているのかを質問をしました。すると岡本昭彦社長は改めて宮迫博之と田村亮の二人とミーティングがしたいとコメントしました。

さらに川内天子は、処分撤回の具体的な内容について質問をしました。すると岡本昭彦社長は、宮迫の契約解除の撤回、田村亮に関しては契約解除をしていないことを伝えました。

さらに一歩踏み込んで川内天子は、宮迫博之と田村亮の二人は一日でも早く謝罪会見を開きたと願っていたことについて岡本昭彦社長がどのように思っていたのかを質問しました。

岡本昭彦社長は延々と話をし始め、ときには涙をみせました。しかし川内天子の質問と岡本昭彦社長の回答がかみ合わずに、川内天子の質疑応答は終了しました。

次の質疑応答のための挙手が行われ、芸能リポーターの石川敏男に順番が回りました。すると石川敏男は名前も名乗らずに、

「あの、社長ね。社長の言葉で二人に、テープは取ってないだろうなとおっしゃったそうですが、それはどんな意味だったのでしょうか?」

と質問をしました。しかし岡本昭彦社長の回答が的を射ていないため、岡本昭彦社長の話を途中で遮って、

「大変申し分けないですけど、社長の中にテープが流れたら辛いって思いがどこかにあったのではないですか?会話がテープに取られて、表に出されては困ると…。」

すると岡本昭彦社長はテープは取ってないだろうなというのは冗談だったと回答しました。石川敏男は驚いた様子で、

「冗談だったんですか?」

「それが信頼関係を一番壊したという風にはお思いになってはいらっしゃいませんか?」

と付け加えました。また岡本昭彦社長の訳のわからない話がはじまったので、石川敏男は岡本昭彦社長の話を途中で遮り、質疑応答を途中で打ち切って、

「はい。分かりました。リポーターの石川敏男でした。」

と会話を強制終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です