上沼恵美子が宮迫博之と田村亮の謝罪会見を切り捨て!クギズケで話題に!

上沼恵美子が宮迫博之と田村亮の謝罪会見を切り捨て!クギズケで話題に!

2019年7月21日に放送された日本テレビの情報番組『気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクギズケ!』で、宮迫博之と田村亮の謝罪会見をバッサリと切り捨てた上沼恵美子の発言が話題になりました。上沼恵美子の発言について詳しくまとめました。

クギズケ

今回の『気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクギズケ!』の放送では宮迫博之と田村亮の謝罪会見について取り上げました。たまたま吉本芸人のFUJIWARA藤本敏史と原西孝幸と月亭方正の3名がゲストに組まれていました。3名は宮迫博之と30年来の付き合いになるとのことでした。

上沼恵美子が宮迫博之と田村亮の謝罪会見を切り捨て!

吉本芸人のFUJIWARA藤本敏史と原西孝幸と月亭方正の3名が宮迫博之と田村亮を擁護することに対して、上沼恵美子がバッサリと切り捨てました。

上沼恵美子は月亭方正に、

「応援をしたい、舞台も一緒に立ちたいと思っているわけよね。」

と切り出し、

山崎は、「はい」と返事をしました。

すると上沼上沼恵美子は、

「すごいね。スポーツマンの仲間みたいね。そうなん。芸人てそんな熱いの?ライバル違うの?」

と切り返しました。

FUJIWARA藤本敏史が、

「あの~、ライバルでもあるし、同士でもあるというか」

とコメントすると、さらに上沼上沼恵美子は、

「そんなことになって、すっとしたわ~、消えるしとは思わへんかったですか?」

と追求しました。しかしFUJIWARA藤本敏史は、

「全く思わないですね。思ってる芸人、いてないんじゃないですかね。」

とコメントしました。すると上沼恵美子はFUJIWARA藤本敏史のコメントに対し、バッサリと切り捨てました。

「そらいてるわ~。椅子取りゲームやもん。この業界は…。」

「そんなもん。もっと言うたら、おらんようになってくれるのがいちばんやんか」

「今回のことで、ごめんなさい、タメ口になっちゃって…」

「吉本興業が6000組も芸人さんがいるってことが分かった。ビックリした」

「やっぱ、すごい会社やな~と思いましたよ」

「その中から、吉本さんのテレビって多いです。チャンスもたくさん作ってくれる会社で、いい会社やと思うんですけどね」

「そんな中で競争して、上がって行って、そいでダウンタウンになろう、明石屋さんまになろうとしてるんじゃないですか。そら、一人でもおらんようになったら、スッとするんちゃうのかって」

「私やったら、消えてくれてよかったと思うかも」

「人間悪いけど、私はそうだった。」

「おねんちゃんとかと漫才やっていたときに、上は消えて行ってくれたらいいのにと思いました。」

そして最後にボケをかまして、

「ただ、消えへんかったわ」

と笑いを誘いました。

さらに上沼恵美子はFUJIWARA藤本敏史と原西孝幸と月亭方正に対して、

「だから今の芸人はおもろないねん。一つ頭出ようとせ~へんからよ。」

と厳しい意見を付きつけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です