篠ノ井線で踏切事故!特急あずさ22号と乗用車が衝突!非常ボタンが間に合わない?

篠ノ井線で踏切事故!特急あずさ22号と乗用車が衝突!非常ボタンが間に合わない?

2019年7月13日午後15時過ぎに、篠ノ井線の広丘から村井駅の間の踏切で、特急あずさ22号と乗用車が衝突したと報じられています。現在特急あずさの上下線の運転見合わせをしています。

篠ノ井線で踏切事故!特急あずさ22号の衝突!

篠ノ井線の広丘から村井駅の間で特急あずさ22号と乗用車が衝突したと報じられています。事故後に特急あずさ22号は異音を発し続けている様子です。Twitterの投稿を観る限り、黒い乗用車が特急あずさの横の線路わきにペシャンコになって潰れています。

黄色いヘルメットを被り、黄色いタスキを掛けた作業員の姿も見られます。作業員により、事故処理が開始されている模様です。

JR東日本の信越エリアの運行情報では、中央本線は運転再開見込、中央本線は塩尻~小淵沢駅間の上下線で運転を見合わせてるとのことです。運転の再開は17時00分頃を見込んでいるとのことです。

スポンサーリンク

非常ボタンが間に合わない

乗用車が踏切で立ち往生したところ、非常ボタンを押したが間に合わなかったなどの情報が流れています。Twitterの個人の投稿のため、確実な情報ではありません。

篠ノ井線の踏切事故による運転見合わせは、運転再開見込み立たずに変更になってしまったようです。
篠ノ井線、あずさ、しなの線が運転見合わせと運休みたいです。 大糸線と松本電鉄は動いてるようです。
篠ノ井線の電車止まるとは…。 夜までには復旧しないと、タクシー代が掛るな~。痛手。
篠ノ井線446Mは長野午後5時半頃に発車見込みのようです。 特急しなのは運転再開の目処が立っていないようです。 篠ノ井線の各駅、松本方面に急ぎの方は普通列車へ…。
道路が渋滞してて、踏切内で立ち往生してしまった20代の運転手らしいです。線路内に入っちゃダメでしょう。
中央本線は復旧作業が難航しているため、運転再開見込は立っていないみたいです。
新宿駅の構内放送で、特急あずさ号の村井~広丘間運転見合せ、上越長野新幹線、篠ノ井線、小海線で振替乗車の案内をしていました。
しばしば週末に篠ノ井線が止まる。先々週の土曜は長野駅まで向かいに行かなけらばならなくなった。
特急あずさ24号、25号、29号は、篠ノ井線の踏切事故の影響で、全区間で運休となっています。
特急かいじ54号は、篠ノ井線の踏切事故の影響で、全区間で運休となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です