長野博のモノマネ!岡田准一がバク転による骨折と10年後の台宙を再現~しゃべくり007~

長野博のモノマネ!岡田准一がバク転による骨折と10年後の台宙を再現~しゃべくり007~

2019年6月10日に放送された日本テレビのバラエティー番組『しゃべくり007』(しゃべくりセブン)に岡田准一が出演しました。岡田准一は長野博が台宙からバク転して骨折したときのモノマネと新ネタを披露しました。岡田准一の長野博のモノマネについて詳しくまとめました。

しゃべくり007

今回はゲストとして岡田准一と安田顕が出演しました。岡田准一と安田顕の変顔が連発されたり、二人のプライベートが披露されたりと、盛りだくさんの番組内容でした。

特に岡田准一の長野博のモノマネがSNSで話題になっています。長野博がバク転で骨折したときの状況をモノマネで披露したのですが、岡田准一のトークとモノマネで爆笑の嵐でした。

スポンサーリンク

岡田准一が長野博のモノマネを披露!

岡田准一は長野博のモノマネをテレビで過去にも披露しています。長野博の骨折のエピソード、テレビ番組『嵐にしやがれ』でのモノマネの披露、テレビ番組『しゃべくり007』でのモノマネの披露について順に説明していきます。

過去のシングルで思い出深い作品

長野博の骨折事故について、長野博は他の番組で「過去のシングルで思い出深い作品は」というコーナーで「TAKE ME HIGHER」(テイク・ミー・ハイヤー)の骨折事故について語っています。どのように骨折したのかを説明しtます。

長野博の骨折時の再現によると、親指から床についてしまったようです。逆立ち状態で親指に体重が乗れば、親指が折れるのは想像に難くないです。

岡田准一は鮮明に長野博が骨折したときのことを覚えていて、骨折後の長野博の顔も覚えていると語っています。そして当時の長野博の顔マネまで披露しています。この時は骨折時に「ポキッ」っと、すごい音がしたと表現しています。

嵐にしやがれ

2017年5月13日に放送された日本テレビのバラエティー番組『嵐にしやがれ』(あらしにしやがれ)の隠れ家ARASHIというコーナーで「骨折したときの長野博」のモノマネを披露しています。

『嵐にしやがれ』では長野博が「TAKE ME HIGHER」(テイク・ミー・ハイヤー)という楽曲のダンスをしたときに、長野博がバク転した後に、岡田准一の背後で「ポキッ」という音がしたと説明します。

しゃべくり007

「しゃべくり007」の番組では岡田准一が長野博の2パターンのモノマネを披露しました。一つ目は「骨折したときの長野博」のモノマネです。二つ目は「10年後台宙失敗したときの長野博」のモノマネです。一つ目は過去にテレビで披露しているのですが、二つ目はテレビで公開したことがないということです。

骨折したときの長野博

長野博がNHKの番組で「TAKE ME HIGHER」のリハーサル中に手をついて骨折したときのモノマネです。

まずは軽く左右にステップを踏み始めました。「タッ、タッ、タ~」とリズムをとりながら、時折後ろを振り向きます。おそらくバク転をするための着地点の確認と、バク転のイメージを頭のかなで描くための動作でしょう。

手を万歳して、バク転をしたという感じの動作を行い、両手で着地します。陸上競技のスタート地点で選手がスタートを待っているときのような態勢です。

そこからスクっと立ち上がり、右手で左手を押さえているポーズをとります。岡田准一には長野博が骨折したときの顔の表情にもこだわりがあり、笑顔を引きつらせたような表情になっています。

さらに話は続きます。岡田准一が長野博のモノマネをテレビで披露したら、長野博は怒るのではないかと思ったのだそうです。長野博のことをバカにしていると思われなかったと心配になったのです。しかし長野博は「仏」のような優しさの持ち主で、岡田准一に対して「逆手だよ」と言ったそうです。

10年後台宙失敗したときの長野博

テレビ初披露の長野博のモノマネです。骨折事件から10年後の話です。「台宙」と呼ばれる高い台の上から宙返りをするパフォーマンスをリハーサルでしたときのことです。

岡田准一は再度、軽く左右にステップを踏み始めました。「タッ、タッ、タ~」とリズムをとりながら、時折後ろを振り向きます。ここまでの動作は同じでした。

メンバーが高い円形の台の上に顔を見合わせながら並んで、円形の台の外に全員で飛んだときのことです。パフォーマンスが成功すれば、全員が着地した後も顔を向かい合わせているはずでした。

しかし長野博だけは着地した後に、正座で佇んでいたのです。ひざを痛めたのではないかと、メンバーが全員心配して、長野博のほうに駆け寄りました。しかし長野博は正座をして、仏が座禅を組んでいるかのように佇んでいたのです。

実は長野博が心配しなくても大丈夫だよという意味で、「OK」のサインを出していたのです。しかし長野博の様が仏過ぎて、「仏~」と叫んだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です