【鬼滅の刃】ロケ地はどこ?聖地巡礼はできるのか場所を調査!~公式ファンブック鬼殺隊見聞録~

【鬼滅の刃】公式ファンブック【鬼殺隊見聞録】

2019年、11年連続年間売上No1の『ワンピース』を抑え、年間売上No1に輝く漫画【鬼滅の刃】に公式ファンブック【鬼殺隊見聞録】というものがあることを皆さんはご存じでしょうか?

その内容は今までの大まかなストーリーの流れを振り返ってみたり、過去の巻頭カラーをまとめて見ることが出来ます。

登場人物や、その周りの人物からの“聞き込み取材”のようなテイストで、原作のファンであれば思わず笑みがこぼれるような内容も含まれています。

鬼殺隊見聞録】の付録として、呼吸適正判別が出来るので、自分にあった呼吸法をチェックするのも面白いかもしれませんね。

ちなみに私は炎でした。

調子に乗って無茶してすぐにやられてしまう雑魚タイプだと思います()

 また、【鬼殺隊見聞録】にはメインキャラクター達のちょっとした個体データが載っていますので、あのキャラのあんなことやこんなこと、本編では語られていない情報などが記載してあったりします。

例えば、炭次郎のトレードマークの一つとも言える“石頭”となっている理由(根拠?)や呼吸法ごとの技の解説などなど。

炭次郎や禰豆子、伊之助や冨岡義勇、煉獄杏寿郎、伊黒小芭内、宇髄天元、胡蝶しのぶ、産屋敷輝哉といった面々のキャラごとの細かい描き方の指示が『極秘設定資料集』という形で記載してありますから、キャラクターの細かな設定や裏設定のようなものが気になる方にもたまらない一冊となっているのではないでしょうか。

 炭次郎と禰豆子の出身地 ロケハンの場所=”聖地”の場所は?

鬼殺隊見聞録】には主人公、竈門 炭次郎や竈門 禰豆子の出身地が東京の西多摩にある雲取山という場所であることも明かされています。

アニメの第1話、始まりの吹雪のシーン。

あのシーンが美しい、キレイだ、と話題になっていたと記憶していますが、あのシーンのためにわざわざロケーションハンティングをしにスタッフの方が実際に雪山に行かれたそうですけど、本当なのでしょうか・・・。

気になるロケハン先ですが、わざわざ雪の降る中、雲取山に登ったのでしょうか?

実在する場所を出身地とするからにはリアリティーの追及のために雲取山に行っている可能性は低くはないと私は勝手に思っています()

実際の場所をモデルにしているのであれば、炭次郎と禰豆子の出身地、ひいては禰豆子が鬼舞辻 無残によって鬼にされた物語の始まりの舞台な訳ですから、【鬼滅の刃】好きとしては、“聖地”となりうる場所かもしれませんね。

ではその場所はどこか?

アニメでは描かれるシーンは林と思われるような場所にポツンとある一軒家。

 雲取山に原生していて炭の材料となるのであれば、水楢の木でしょうか。

麓の里からはかなり離れているであろう場所にあり、炭の材料となる水楢の林がありそうな場所。

山の中は昭和、平成、令和と移り変わってもそこまで劇的に変化はしていないでしょうが・・・。

炭次郎の家から最寄りの村は現在の東京都西奥多摩郡奥多摩町日原だと勝手に妄想します。

“日”がキーワードになる物語だけに、日原だと面白いかなぁという私の勝手な妄想ですのであしからず。

ロケハンの具体的な場所が発表されている訳ではないと思うので、特定は難しいのでないでしょうか。

力及ばず申し訳ありません。

聖地巡礼は可能か?

これからまさに鬼滅の刃 始まりの舞台となったであろう季節を迎えるこの時期、炭次郎と禰豆子の生家を探しに冬の雲取山に初心者が行っても大丈夫なのでしょうか?

https://www.yamakei-online.com/

炭次郎と禰豆子の生家を探すためですから頂上まで行く必要はないと思いますが、こちらのサイトによりますと雲取山は標高2000mを超える山のようですし、頂上までの歩行時間も往復9時間を超えるようですから、初心者だけで行くには無理がありそうです。

・・・・。登山初心者は正直、この時期はやめた方がよさそうですね(苦笑)

仮に行くとしても、もっと暖かくなって雪解けしてから、ある程度登山の知識と経験を積んでから、にした方が賢明でしょう。

 他にも善逸や伊之助、カナヲなど他のキャラ達の出身地の記載もありますので、探せそうな場所であれば、このあたりかなぁ、と大正ロマンに思いを馳せながら探してみるのも面白いかもしれませんね。

大正時代の古地図を元に現在の地図と比較しながら探さなければなりませんので、ピンポイントで探しあてることは奇跡的で、よほどの地図マニアの方でも厳しいかと思いますが・・・。

探し出す自信がある方、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいませ。

私には無理ですが・・・。私には無理だという絶対の自信があります(キッパリ)

ちなみに、雲取山に登るには登山届を出す必要があるようです。

他にも注意点がございますのでホームページ等でご確認ください。

吾峠呼世晴先生直筆【鬼滅の刃】始まりの物語

そしてこの【鬼殺隊見聞録】で私が何よりも驚いたのは『鬼滅の刃』に至る前の作品が読めちゃうということです。

単なる端役の登場人物でしかなかったはずの炭次郎少年がいかにして主役の座を射止めたのか。

編集者の方の裏話も載っていますので「へぇ~そうだったんだ」となることは間違いないでしょう。

『中高一貫!!キメツ学園物語』の限定書き下ろし漫画も見ることが出来ますよ♪

と言ってみたところで既に本屋にはないであろう【鬼殺隊見聞録】

これを無料でお得に読む方法があるということはご存じでしょうか?

鬼滅の刃 公式ファンブック【鬼殺隊見聞録】をお得に読む方法

その方法は動画配信サービスを利用することです。

こちらのページから会員登録をするだけで、鬼滅の刃の単行本2冊分のポイントを特典で受け取ることができます。

31日間の無料期間があるため、その間であればいつでも簡単に解約が可能。

登録も簡単なのでこの機会に是非とも試してみてはいかがでしょうか?

鬼滅の刃を無料で読む