鬼滅の刃ネタバレ最新183話確定 無限城崩壊、舞台は地上へ?炭治郎、鬼舞辻無残への一撃!

鬼滅の刃ネタバレ最新183話確定 182話のあらすじとおさらい

まずは、前回の182話のおさらいとあらすじをみていきましょう!

 

合わせて読みたい記事はこちら

 

今にも、炭治郎・義勇と無残の死闘が始まりそうな場面ー。

炭治郎は、ここまで本気で怒りを覚えたのは初めてだと自身の内から湧き上がってくるものを感じていた

しかし、思考は冷静だ

炭治郎自身が無残と戦い、勝てなくともできる限りの情報を得て他の鬼滅隊の面々へ伝えること

そして死闘のすえ勝つことー。

決意を胸に抱く炭治郎

 

と、そんなことを考えていた直後、無残の攻撃が始まる

無残の腕がムチ状になり、義勇と炭治郎を襲う!

義勇はこれをなんとか払いのけ、炭治郎は攻撃の隙間を縫って無残へ攻撃を仕掛ける

が、剣を当てるどころか逆に攻撃を受けてしまう

どんどんと防戦一方の炭治郎と義勇ー。

 

そんな中、絶望的なことを告げる無残

”恋柱・甘露寺”と”蛇柱・伊黒”は、”上弦の肆・鳴女”が亡き者にしたのだとー。

無残には、鳴女の目を通しその光景を観ることが出来るのだと言う

 

そしてとうとう追い込まれてしまう炭治郎と義勇

為すすべなくやられてしまうのかと思った時ー。

天井を破り、無残へ攻撃をしかける者がいた!

それは、鳴女がすでに倒したと思い込んでいた甘露寺が奇襲をしかけてきたのである

同じくして、伊黒も参戦!

 

驚きを隠せない無残

鳴女は何をやっているのか!?と動揺が走る!

 

場面は、”上弦の肆・鳴女”のところへー。

そこには、大きな一つ眼が札で覆い隠されている鳴女がいる

札を貼ったのは、愈史郎だった!

札を貼られた鳴女を操っているのだと言う

甘露寺と伊黒が倒されたシーンも操作によるものだった

泣きながら怒る愈史郎

 

鳴女が操っていた城が、大きく歪み崩れていきそうになっていたー。

 

ここまでが、182話のあらすじでしたね!

それでは、183話のネタバレです

鬼滅の刃ネタバレ最新183話確定 炭治郎、義勇、甘露寺、伊黒 VS 鬼舞辻無残

扉絵はカナヲ、伊之助、善逸が合流していて無限城が揺れている場面ー。

無残の元には、炭治郎・義勇・伊黒・甘露寺が立ちはだかっている

甘露寺は、無残を目の前にして今まで相対してきた鬼とは次元が違う強さだと肌で感じ取る

伊黒、甘露寺が炭治郎達の元へ辿り着けたのは愈史郎との戦術だったようだ

突如、その部屋が崩れていく

鳴女を操っている愈史郎の影響で無限城の構図が変わっていくー。

愈史郎は鳴女の頭部を抑え、血鬼術により完全に支配しようと試みる

それを悟り、怒り狂う無残

そこへ、伊黒と義勇が同時に無残へ斬りかかる!

それをムチのように伸びた腕で払う無残

無残に隙きができたそのタイミングで鳴女を術中に完全に落としてしまう愈史郎

と、その瞬間・・・!!

鬼滅の刃ネタバレ最新183話確定 無限城崩壊、決戦の場は地上へ・・・

愈史郎は鳴女を操り、無残を嵌めようと無残の足元の空間を開く

落ちる無残

その瞬間、無残はこれ以上好き勝手にやらせまいと、

手のひらをグッ!と握り、遠隔で鳴女の頭部を破壊する

無残には、自身の血を分けた鬼は全て自由自在に干渉することができるため一瞬にして破壊されています鳴女ー。

炭治郎達は、無残が最初に復活した付近の部屋え落とされる

すかさず全員に攻撃をしかける無残

応戦する、甘露寺・伊黒・義勇ー。

炭治郎は避けるも、無残の攻撃が掠ってダメージを受けてしまう

とその時、鳴女が破壊され、コントロールを失い

ギギイ・・・!!ギギギギ!!と傾く無限城

振動の影響でバランスを崩す甘露寺

その隙きを見逃さなかった無残が甘露寺を襲う!

そこへ、炭治郎が無残へ刀を投げつける!甘露寺は危機一髪のところで回避する

すでに無残に倒されている隊士達の刀を拾って投げたようだ

その刀は無残の頭部へ直撃し、貫通する!

怒る無残

次の瞬間、ドッ!!ドゴンッ!!!!

無限城は元の形を保てなくなり、炭治郎達がいた部屋が地上へ飛び出る!

 

決戦の場は、地上へと舞台を変えていくー。

鬼滅の刃ネタバレ最新183話確定 感想・まとめ

次回のジャンプは、11月18日(月)発売です。

また感想等更新していきたいと思います。