あさイチ高野豆腐の豆腐飯(とうふめし)が話題!レシピや作り方の画像動画ありおでん名店お多幸のレシピも

あさイチ高野豆腐の豆腐飯(とうふめし)が話題!

あさイチ!で高野豆腐のとうふめしが美味しそう!ということで話題になっており、

レシピを調べてみました。

おでん名店お多幸のレシピや作り方の画像動画あり せっかくだから、作ってみた!

番組で紹介されていた「お多幸」のレシピは以下の動画にて公開されています。

美味しそう、ではわからない!

だったら作ってみたらいいじゃないか!!

ということで(多分)動画通りに実際作ってみました。

用意したのはこれだけです。

 

高野豆腐を水でもどして、レンジで3分チンしました。

 

おでんだしの素

しょうゆ

みりん

片栗粉

ご飯の上になるべく水を抜いた高野豆腐を1枚乗せて・・・

 

水溶き片栗粉でとろみをつけたおでん出汁を上からかけて、はい、完成。

簡単ですね。

写真なんて撮ったりしなければ5分かからないと思います(笑)

でも、『お多幸』のとうめしとは全然・・・違う気がしてならないんですけど(苦笑)

 

〈材料〉

高野豆腐 1個(16.5グラム)

醤油   小さじ2杯(約6グラム)

みりん  小さじ2杯(約6グラム)

片栗粉  小さじ擦り切れ2杯(約6グラム)

おでんだしの素 小さじ1杯

水    200ミリリットル(と片栗粉を解く水)

〈成分〉

たんぱく質  約9.35グラム

食塩相当量  約3.164グラム

カロリー   約370キロカロリー

これにお米のタンパク質、カロリー等を足した値がこの高野豆腐飯の成分※となります。

※参考値ですので、使う醤油やみりん、おでんだしの成分によって誤差がありますのでご注意ください。

まとめ

香りはまさにおでん、といった感じでした。

味は各々好みがあると思いますので食べてみないと、どう感じるかは分かりません(笑)

私自身、「お多幸」の味を知りませんので、こういうものだと言われると「ああそうなんだ」としか思いませんが・・・。

水で戻した高野豆腐に上からとろみのついたおでんだしをかけただけですからねぇ。

ま、こんなもんでしょう。

まぁ、違いますよねぇ・・・・。

 

正直な個人的感想として「なし」です。

お歳を召された方であればわかりませんが、少なくとも食べ盛りの中学生、高校生の男子が喜んで食べるようなものではないですね。

せっかくの高野豆腐ですから、最後に出汁をかけるのではなく、出汁をしっかりしみ込ませたものを食べると美味しいかもしれません。

 

カロリーの方はお米が丼1杯210グラムだと仮定すると、

高野豆腐飯の参考値

たんぱく質  約14.58グラム

食塩相当量  約3.17グラム

カロリー   約480キロカロリー

となり、ヘルシーな食べ物と言えなくもないような気がします。

そうですねぇ・・・〈あまり食欲がないけどちょっとだけ食べて、カロリーも摂りたい〉という方にはちょうどいい食べ物ではないでしょうか。

ダイエットに使えなくもないような気がしないでもないような・・・(笑)

参考までに

高野豆腐飯からお米をひくと

たんぱく質   約9.4グラム

食塩相当量   約3.17グラム

カロリー    約128キロカロリー

となります。あくまで参考値ですが。

 

ちなみに一般的な1日の目標値は

成人男性の目標

たんぱく質  約60グラム

食塩相当量  約8グラム未満

カロリー   約1800~2200キロカロリー

成人女性の目標

たんぱく質  約50グラム

食塩相当量  約7グラム未満

カロリー   約1400~2000キロカロリー

といった感じだったと思います。

もちろん、食事制限をされている方はそちらの目標値です。

 

写真を見る限り、『お多幸』は木綿豆腐を使っている感じがしますので、「木綿豆腐で作ればいいのでは?」というのが正直な感想です(笑)

木綿豆腐100グラムで作る木綿豆腐飯の成分の方がたんぱく質が約1.5グラム少なく、食塩相当量に差がありません。

カロリーもほぼ同様です。

う~ん、だったらなぜ高野豆腐を使った・・・・。

ああ・・・、食物繊維と炭水化物が少ないんで・す・・か・・・ね?

個人的には木綿か絹ごしかの豆腐を使い、おでんだしではなく、すき焼きのたれで煮込んだものをご飯に乗せた方が好みです(キッパリ)

「な~に言ってんだ」とおっしゃる方も多いかとは思いますので、まずはご自身でこのレシピの高野豆腐飯を一度作ってみて食べてみてはいかがでしょう?

それを食べた後に『お多幸』に行って、本物の豆腐飯を食べると違いがあるのか、ないのかはっきりと分かるのではないでしょうか。

って、そもそも名店の味を家庭で出せたら世話ないですよ(笑)

そもそも出汁が違うんでしょう。

【長年、継ぎ足し継ぎ足しの出汁だからこそ出せる味】なわけですからね。

そうそう簡単に真似できるものではないでしょ。

などと言ってしまったら元も子もありませんが・・・。

似たような味、にはなるのかもしれませんが、所詮はマガイモノですよ(笑 個人の感想です)

できれば、『お多幸』で豆腐飯を食べたことがある方にこのレシピで作っていただいて食べた感想を聞いてみたいところですね。

西日本在住の私にはなかなか豆腐飯だけを食べに東京に行く勇気がありませんから・・・。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。