スカーレット第3話あらすじ(ネタバレ)結末感想初の給食~草間宗一郎役佐藤隆太との出会い

新しい学校生活にはこれまでなかった時間がある。

学校給食。

まだ週2回の補助食程度で、主食は各家庭からの持ち込みだが、喜美子には主食がない。

それでも心浮き立つ嬉しい時間。

スカーレット第3話 あらすじ(ネタバレ)ストーリー

みんなより早く給食を食べ終わった喜美子は周りのみんなの様子を見ている。

ほとんどがお米を持ち込んでいる中、丸熊陶業の社長令嬢、熊谷 照子だけはパンだった。

隣の席の大野 信作のおにぎりをうらやましそうに見つめる喜美子。

 

喜美子の母、マツ(富田 靖子)が三女の百合子を背負い、次女の直子を連れて、信作の家、大野雑貨店で「給食費?給食ってタダやないの?」と信作の母、大野 陽子(財前 直見)に聞いた。

陽子は「まだ始まったばっかりの制度やし、ようわからへんけど。なんぼか払わんといかんやろ」と答える。

陽子はマツに「じゃがいもだけでええの?他にも何か?」と聞くが、マツは「昨日もおとといも貰ってばっかりで・・・。今日あたりお金持って帰ってきますよって」と恐縮した。

喜美子の父、常治は着物を買い取ってもらうために大阪まで行っていた。

「大阪まで行かんでも、着物やったらこの辺でなんぼでも引き取ってくれるとこあったのに」という陽子。

常治は、このあたりでそういうことをやるのが恥ずかしいらしい。

ジャガイモも貰ったと言ったら怒られると遠慮するマツに、陽子は「どうせ怒られるならこれも持ってかいさ」とフキもくれた。

それを見つめる直子。

 

家で直子に洗濯の仕方を教える喜美子。

直子もいっぺんやってみぃ、と言うが、直子は「嫌や!何でそんなつまらんことせなあかんねん!」と蒸かし芋を食べながら言った。

「その蒸かし芋、うちの分ちゃう?」と聞く喜美子だが、直子は「お姉ちゃん、給食食べてきたやん」と口答えする。

直子、問題児?

そこへ「喜美子~喜美子~」と常治が大阪から帰って来た。

喜美子は直子と二人で「お父ちゃんや」と家に走って戻る。

帰るなり常治は喜美子におかゆを頼んだ。

常治はお米や卵、お酒などたくさん仕入れてきたようだ。

喜美子が「こんなこうて、お金なくなったんちゃう?もったいないでぇ」と言い、貴重な卵に「1日1個、じっくりゆっくり食べようなぁ」と頬ずりをした。

常治は「そんなケチくさいこと言ってたらケツ叩くでぇ、もう」と上機嫌だ。

ん?直子、怪しい感じ・・・

直子の視線の先には兵隊の格好をした男、草間 宗一郎(佐藤 隆太)が座っている。

常治が大阪で暴漢に襲われていた草間を助けて病院に連れて行った。

医者からケガは大したことないが、心に栄養が足りないんじゃないかと言われ、どこか空気のいいところでゆっくりと養生することを勧められ、連れ帰ってきた。

草間は自分からは何もしゃべらないので、何をしている人かもわからない。

喜美子は「何でわからんのに連れてくるの?」と聞くが、常治は「ええから早う、おかゆ作ったれ」と言った。

面倒見がいいねぇ、常治さん

 

夕飯時、草間にもっとおかゆを注ぐよう喜美子に目配せをする常治。

喜美子は不満げだ。

卵がたくさん入ったおかゆに嬉しそうなマツだが、直子は「少ない!」と駄々をこねる。

喜美子は少ない自分のおかゆを直子に分けてあげた。

「ええの?」と聞くマツに喜美子は「給食食べたから、ええ!」と強がってみせる。

みんなでおかゆを食べるが、食卓には沈黙だけが流れる。

一口だけおかゆを食べた草間がそっと茶碗を戻した。

マツが「お口に合わしませんか?」と聞くが、草間は「いえ」と答えるのが精いっぱいのようだ。

そんな沈黙を破り、常治が「喜美子、酒もってこい!草間さん飲みたいって」と言った。

草間は「いえ、結構です。そういう気分ではありません」と答えた。

さすがの常治も「あ・・・そういう気分じゃ・・ないのん?」と弱った様子。

喜美子は〈何か変。この人、いままで会ったことないような、何かが違う〉と思った。

マツが「もう休まはります?お布団敷きましょうか?」と言うと、常治も「せやな。おう、そうしよう」と賛同した。

草間は「すみません、どうもごちそうさまでした」と言った。

すると、突然喜美子が「わかった!この人、日本人ちゃうでしょ?」と自慢気だ。

「何をいうとんねん」と呆れる常治。

「どっかちゃう思てん。なんかうちらとちゃう。言葉や!しゃべりがなんやムズムズする。どこの国の人ですか?」と草間に尋ねた。

驚いた表情の草間。

常治は「東京の言葉や。東京」というが、喜美子には【とうきょう】がわからない。

マツ:「とうきょうはとうきょうよ。日本があったら、このへん。日本の真ン中よ」

喜美子:「え?日本の真ん中は大阪ちゃうの?」

常治:「ちゃうわ!」

喜美子:「お父さん言うてたやん」

常治:「言うてへんわ。黙っとけ・・・」

そんな会話を聞いていた草間が重い口を開いた。

「生まれ育ったのは東京ですが、大学はこちらで」

常治は草間が大学を出ていることに驚き、恐縮して正座し直した。

草間はそのあと、満州にいた叔父さんに呼ばれて満州で働いていたそうだ。

終戦も満州で迎えたらしい。

いわゆる復員兵ってやつ?

ようやく船に乗ることが出来、海を渡って日本に来ることができたのが今年の春のこと。

草間は満州から日本に戻ったばかりだった。

そして常治に助けられて、今に至る。

常治が「大変でしたな」と言い、マツが「ご苦労様でした」と頭を下げると、草間は「向こうでの暮らしが長かったので、どこの国の人かと言われてしまうのは、まぁ確かに当たらずと言えども遠からず」と言った。

マツは「失礼なことをいうて、すいません」と謝るが、喜美子は得意気な表情。

そんな喜美子に草間が「君は鋭いね」と言った。

褒められた喜美子はとても嬉しそうだ。

 

翌朝、喜美子は信作に昨日、草間から「君は鋭いね」と褒められたことを自慢した。

信作の言い方が草間とは違うので何度も言い直させている。

信作は「別に出来へんでもええ」と言い、逃げようとするが、喜美子は逃さず、「君は・・・鋭いねえ」と草間の真似を見せつけた。

褒められたことがあまりにも嬉しかった喜美子は「日本の真ん中は東京に譲ったるわ!」と叫んだ。

おう、譲っとけ、譲っとけ(笑)

そこへ照子がやってきて「友達いらん言うてたやんけ」と喜美子に指摘するが、「ああ、友達ちゃうわ」と言い残して去っていった。

スカーレット第3話 結末(ネタバレ)

信作の父、大野 忠信の紹介で丸熊陶業へと仕事に来た常治。

そこに三味線の稽古に行こうとしていた、着物を着た照子がやって来た。

父親の熊谷 秀男が常治に照子を紹介する。

常治の新しい仕事は火鉢の運送だ。

 

次女の直子が三女の百合子にいないいないばあをして遊んでいるところへ喜美子が帰って来た。

喜美子は帰ってくるなり、「草間さんどこ行ったん?」と尋ねる。

そのへん散歩してくるといって出て行ったが、元気になったわけではないようだ。

常治が仕事を始めたならもう家計は安心だと喜美子は思ったが、すぐにお金が入ってくるわけではない。

マツが「このままやと、給食費払われへんわ」と言うと、草間を探しに出かけようとしていた喜美子が「え?何で?」と飛んで戻ってきた。

草間が増えたおかげで給食費が払えなくなるかもしれない。

それでなくても川原家は厳しいようだが。

喜美子は「あかん、ぜったいあかん。給食は大事や。命綱や!」と訴える。

そんな喜美子にマツは「食べられへん子、他にもいてるんやろ?」と諭すが、喜美子は「あかんあかんあかんあかん。何とかせな」と必死で考える。

出た結論は《草間さんに早く元気になってもらって、出て行ってもらおう》だった。

「心に栄養が足らん言われたらしいから、難しいでぇ」というマツ。

「心に栄養!?何やそれ、どういうこっちゃ!?」といい、喜美子は草間の様子を見に出かけていった。

給食という至福の時間が奪われるかもしれない。

喜美子にとっては一大事だ。

スカーレット第3話 感想

今回のテーマは「草間 宗一郎との出会い」ですかね。

・満州からの復員兵

・生まれは東京

・大学は滋賀?東京?大阪?

・卒業後は満州で仕事をしていた。

今わかっていることはそのあたりでしょうか。

草間さんの存在が喜美子の精神的にも経済的にもいろいろ影響しそうですね。

この時代に大学に行っているのだから、よほど裕福か頭がいいのでしょう。

草間が大学を出ていると聞いたとたん、あぐらをかいていた常治が正座し直すくらいですから(笑)

それにしても、常治は身元もなにもわからない人を家に連れてきて、世話をする気になりましたねぇ。

面倒見がいいというか、何というか・・・。

ところで、草間さんはこの春から日本に来ていたようですが、その間はず~っと兵隊服?

洗濯は・・・、まぁいいです(苦笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました